【感想・ネタバレ】ゾンビフルライフ(1) のレビュー

書店員のおすすめ

ゾンビウイルスが蔓延し、終末を迎えた人類。主人公のタカシもゾンビ化し、人肉を貪る化け物に――…は、ならなかった!?
冒頭の陰鬱な展開からまさかの一転、作者の新たな解釈からなるゾンビ像は必見です!!

映画やアニメに登場するゾンビは、常に人間を襲い続け、忌避される存在だが、今作の『ゾンビフルライフ』では全く違う。特殊なワクチンのおかげで食肉衝動を抑えられ、危険がなくなり、人間社会に復帰することが出来ているのだ!
ただ、ゾンビ化が治癒されたわけではないため、ゾンビの特徴・特性は残ってしまっている。
男性には最も重く、深い悩みが。主に下半身的な意味で…。

その深く悲しい悩みを抱えながらも、素敵な両親(?)、神のような友人とその彼女に囲まれ、クスリと笑えるタカシのゾンビフルな生活は続いていく――。今作を読んだ後はあなたも、ちょっぴりゾンビに優しくなれるかも!?
ゾンビ好きにも、ギャグ漫画好きにオススメの1冊です。

ユーザーレビュー

レビューがありません。