マッキンゼー・アンド・カンパニーのレビュー一覧

  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    孫正義、柳井正、カルロス・ゴーンをはじめ、ボビー・バレンタインや岡田武史など著名人から日本の将来についての熱い提言集
    震災前から企画されていたらしく、幅広く日本の将来について語られている
    正反対な意見同士もあえてそのまま載せられており、良し悪しは読む側に委ねられているのが面白い。
    「海外志向を持つこ...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    切迫早産で入院中、なんだか急に大極的に物事を考えたくなって(ホルモンバランス?)たまたま電子書籍で発見したのが、この本。

    ユニクロの柳生さん、DeNAの南場さん、ソフトバンクの孫さん、日産のカルロス・ゴーン、サッカーの岡田監督から海外の知見者まで。
    色んな人が日本の未来を明るくするには?というお題...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    何度でも読み返したい本。
    日本に対する危機感とともに希望をこめた内容になっている。

    経済的視点、政治的視点、文化的視点等からいろいろな方々の寄稿によってできているところが特徴。
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    この本は、マッキンゼー・アンド・カンパニーが編集したもので、世界のオピニオンリーダーに日本が直面する問題について、それぞれの視点での提言をまとめたものです。国籍や業界の枠を超えて多くの立場からの意見で構成されており、日本の将来についての議論を喚起する、示唆に富んだ良書でした。
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    日本を代表する人だけでなく世界のキーパーソンたちがこれからの日本のあり方について書かれていた。意見は一つではなく何通りも提示されていたが日本を変えていくための勇気をもらえる本であった。
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    3.11前後から日本が直面する課題について
    65人のオピニオンリーダーが
    各自の視点から述べた本。

    各人の主張から、日本の良き点・悪き点が浮かび上がり、
    これから何をすべきか、何が必要かが見えてくる。


    第1章 日本の再生へ向けて
    第2章 再び変化の時代へ
    第3章 再建のための現状把握
    第4章 ...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    熱い本。皆「日本」という国を客観的に捉え、現状・問題点を指摘している。確かに問題は山積みだ。少子高齢化、大きな債務、グローバル市場での出遅れ、そして東日本大震災。これは改善可能。ただし日本人がこれらの状況を客観的に捉え、戦略的に動いていくことが必要だ。まさに「これから」の日本へ向けた本。
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    国内外のオピニオンリーダー64名による、日本の未来についての提言の書。

    とりわけ日本が直面する問題のなかで、ダイバーシティ(多様性)、イノベーション、リーダーシップをという観点からグローバルな視座で考察し、日本の課題と向かうべき未来について主張している。

    明治維新、太平洋戦争からの復興、そして、...続きを読む
  • 企業価値評価 第6版 [上]【CD-ROM無し】―――バリュエーションの理論と実践
    株式市場に携わる者として、バリュエーションの考え方を整理し直すために読みました。
    投資の手段として企業価値を算定する上で、ファンダメンタルズによる分析がいかに重要かがわかると思います。
    内容は厚く、一度で理解するというよりは何度か読み返して理解する本だと思います。
  • 企業価値評価 第6版 [下]【CD-ROM無し】―――バリュエーションの理論と実践
    CD-ROMにキャッシュフローの財務モデルがついています!
    本で学んだ内容をインプットするだけでなく、アウトプットして実践できる点が本書の何よりの醍醐味だと思います。
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    私は日本が大好き。
    小学生の頃から漠然と憧れていたアメリカ、英語。
    そして中学生の頃から決めていたアメリカ留学を高校一年の時に果たしてから、この思いは益々強くなる一方です。

    国内政治は混乱、外交問題もまだまだ解決しなくてはならないことが沢山あります。更に追い打ちを加えるように東日本大震災が起こり国...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    各著名人から日本の未来についての提言を頂き、それをまとめた本。
    他のレビューでもあるように、様々な意見をまとめたものであるため、一つ一つはシンプルではあるが、想いや提言が詰まっていて参考になる。
    キーワード三つ①起業家育成環境の創生②人事制度の改変③グローバル化への対応。
    その他
    ・武田製薬長谷川氏...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    各界の有識者が、日本の未来について提言するという、評論集。
    マッキンゼー・アンド・カンパニーが編集したということもあって、日本人よりも外国人の論客が書いた文章が多くなっています。
    経済や政治から、スポーツやポップカルチャーにいたるまで、幅広い視点から現在の日本の状況と、今後の日本の針路に対する提言が...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    多種多様の業界のリーダー達が、日本の再生について語るというのがメインテーマである。それぞれの人々が語ることに多少の違いはあれど、方向性はほぼ共通したものとなっており、外国人の日本への移民等のグローバル化の促進、出産を終えた女性労働者の再雇用の促進等を語っている人が多い。現在学生からの視点より、第六章...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    国内外の著名人が日本の未来について提言している本。企画自体は震災の前から進められていたようだが、本質は変わらないのかなと思う。様々な人が色々な観点で説明しているけど、すぐに変われることばかりではないし、少しずつでも実行に移さないと。若者はもっと海外に出よとあちこちで書かれてるものの、出るとこんなに素...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    目新しいことはほとんど書かれてないものの、一級の著名人65名も集めて書かれているのは値打ちがある。
    どちらかというと外国人のための今の日本の課題を知るという意味だと目的は達成している。これは日本人のための本だけども。
    シンクタンクの外国人の執筆が参考になる。
    課題を知る上で、
    国の政策の影響の大きさ...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    日本が抱えている課題についての本。
    ・リーダーシップの欠如
    ・若者の保守化
    ・労働市場の流動性
    ・女性の社会進出
    ・産業構造の転換
    どれも長年指摘されているが解決されていないものばかり。
    それだけに根が深いことがわかる。
    まずは自分ができることとして、若いうちに失敗を経験して(あるいは失敗できる環境...続きを読む
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    多様な角度から、今の日本への励ましの言葉。
    どの意見も、然り。
    急激な変身を全国民に期待するのは困難だが、俺を含め一人一人が自分を少しずつ改革する事は可能である。
    「僕らが夢見たのって、誰かと同じ色の未来じゃない。誰も知らない世界へ向かっていく勇気を未来って言うらしい…あと一歩だけ前に進もう」
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    65人の論文掲載。

    女性の更なる社会進出/移民の受け入れ/世界への進出、とりわけ若者/教育改革/課題先進国=チャンス

    どれも当たってると思う。このままだと日本は衰退の一途。
    ただし、問題はどう実践するかだと思う。

    2011年、東日本大震災の年、日本の進むべき道を自分なりに模索したかった。
  • 日本の未来について話そう -日本再生への提言-
    問題山積なのは散々言われててウンザリ気味だったので、希望が持てて前向きになれる未来について書かれた本が読みたかった。
    思った通りではなかったけれど、勇気づけられた。