佐山和夫のレビュー一覧

  • スポーツの品格
    佐山氏、桑田氏による共著。「野球道」に引き続き対談形式の2冊目だが、更に面白い。

    野球ひいてはスポーツの根幹から論理立てて、そのあるべき姿について述べられている。

    やはり大事なのは軸であり、目的であり、自身の意図である。当著は野球関係者なら必読。特に選手よりも指導者は読むべき。

    この知識を活か...続きを読む
  • スポーツの品格
    少年(小学校~高校)スポーツの指導者にはぜひ読んでほしい、いや必ず読むべき。子供たちの将来のために。
    桑田さんと、ノンフィクション作家で野球史に詳しい佐山和夫さんとの対談形式。
    本当に共感できることばかりで、僕もこの本から得たものを生かして、スポーツのコーチングをしていきたいと思う。
  • スポーツの品格
    懐かしのくわわ。努力する楽しさを感じてもらう…これを今の日本の部活で実現できているのかどうか。部活やクラブ活動では楽しめないから入らないけど、本当はスポーツをやりたいという子はたくさんいると思うんですね。そういう人こそ自分で考えてスポーツが出来る子でもあるのですが…。大阪で体罰による自殺があったのは...続きを読む
  • スポーツの品格
    ○元プロ野球選手で野球解説者の桑田氏と、野球に造詣の深いノンフィクション作家の佐山氏との共著・対談本。
    ○野球の話しを中心に、体罰の実態とその批判、指導のあり方の提言、今後のスポーツのあり方等について、思いを語ったもの。
    ○一つ一つがもっともであり、特に、少年期~学生への指導のあり方や提言については...続きを読む
  • スポーツの品格
    桑田真澄さんと佐山和夫さんの対談。対談形式ということで、お二人の考えがスムーズに伝わってくる。
    意外と、猛練習しましたっていうひとじゃないねんなあ桑田さんって。
    自分は体罰は必要悪であると思っていたのですが、ここまで自信満々に体罰は技術向上になりませんって言われると、そうなのかなと思ってしまう。
    ...続きを読む
  • スポーツの品格
    桑田真澄氏とノンフィクション作家の佐山和夫氏による対談本。

    今や体罰否定派の代表的論客として知られる桑田真澄氏だが、ここでは「過去には体罰が必要な時代もあった」ことを前置きとして示唆していることが印象的。これまでの日本のスポーツに蔓延っていた体罰という問題をただただ反省的に捉えるのではなく、なぜ体...続きを読む
  • スポーツの品格
    桑田真澄とノンフィクション作家の佐山和夫氏による対談で、昨今のスポーツの問題をえぐり、スポーツマンシップとフェアプレーの大切さを語った本。
    こういう指導者がどの競技にも必要ですし、コーチの端くれである自分も内容を肝に銘じたいと思います。
  • スポーツの品格
    桑田が考える、これからのスポーツについて。

    桑田が体罰に対して絶対にダメという。それがどれだけ大きなことか。勝つのは大事。でも、勝つだけがスポーツの目的になってはダメ。努力するのは大事。楽しいのは、勝つことだけじゃない。楽しい努力をすること。スポーツの二面性に気をつけること。

    成功した人が、体罰...続きを読む
  • 箱根駅伝に賭けた夢 「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡
    金栗四三杯の初代が鐘ヶ江選手とは、もっと前からある賞だと思ってた。

    それにしても、途中で走れなくなって、沿道のご近所で飲み物を振る舞って快方されるなんて、暖かい話ではないか。
    アメリカ横断駅伝なんて、発想もスゴい。
  • スポーツの品格
    スポーツは進化しているのに指導者は進化していないと嘆く対談。桑田さんの卓越した理論は称賛に値しますが…
  • スポーツの品格
    スポーツの品格/桑田真澄・佐山和夫 を読んだ。

    この本は、スポーツをめぐる問題の根元である「勝利至上主義」について、桑田真澄さんとスポーツ史研究の第一人者である佐山和夫さんの対談をまとめたものである。

    昨今、桑田さんはスポーツの「体罰」について積極的に発言をしており、その考えについて触れておきた...続きを読む
  • スポーツの品格
    暴力の廃絶、勝利至上主義の否定など意見としては新しくないけれども、それを野球界で一時代を築いた桑田氏が発言すると説得力が違います。東大公式野球部の指導現場でのエピソードなども興味深く、「なるほど」と思いました。
  • 箱根駅伝に賭けた夢 「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡
    佐山さんでは、学生時代に最初に読んだ二グロ・リーグのサチェル・ペイジの本が断トツに面白かった。それに比べると…
    僕の感受性が落ちたのか、佐山さんの筆力が落ちたのか…
    金栗四三の足跡は、ほんとはもっと深く強い物語になると思うのだけど、大分物足りなさが残ったというのが正直な感想。
    印象に残ったのは、直接...続きを読む
  • 箱根駅伝に賭けた夢 「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡
    内容的には面白かったといえるんですが『箱根駅伝に賭けた夢』と綴っているくらいだからもっとこう、箱根駅伝のことについて語ってくれているのかと期待、し、実際にはほんのちょろっとで、「え?」となった感じでした。
    どちらかというと副題的に添えられている、金栗氏についての本です、ともうちょっと銘打った感じでも...続きを読む
  • 箱根駅伝に賭けた夢 「消えたオリンピック走者」金栗四三がおこした奇跡
    金栗四三の伝記。嘉納治五郎やクーベルタン男爵などの偉大さも伝わり何よりスエーデンの人々の優しさも身にしみる。