紫垣樹郎のレビュー一覧

  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    【凌志隊の全体発信】

    『伝説の新人』まとめ

    ポイント
    1.スタートダッシュは超大事 
    2.101%以上の結果を出す
    3.解釈力が成果につながる


    新人には、たくさんの弱みがありますが、
    新人がスキルなどで劣っていることは百も承知で採用されています。

    つまり、「弱みは目をつぶるから、新人の強み...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    意識高い系新卒、勝ちたい出世したい新卒がモチベーション爆上がりする本。

    頭ではわかってるがいざここまですっきり説明されて、「やるしかない、やれ」的な、潔い簡潔な文体に動かされる。

    ○圧倒的当事者意識
     すべて自分ごと化して考える。自分だったらどうするのか?自分が担当だったらどうしていたか?

    ...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    新人時代にしておくべきことがまとめられている。
    特に、普通ではなくできる新人(本書内では「伝説の新人」)のための10カ条が掲載。
    2年目になったタイミングで、後輩がはいり、とは言えまだまだ新人なので、
    どう後輩に接するべきか、自分はどう行動していくべきかを、再度認識したく読んだ。

    ・仕事には期待値...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    "とにかく勝ちに飢えている新人"にオススメの一冊

    要約
    全体として伝説の新人になるための技術的な部分よりも、マインドセットに重きが置かれている印象があった。
    目の前のことに対して一つ次元を上げ、全力で取り組むことに加え新人としての時間術、対人関係、コミュニケーションなど仕事をする上で重要視されてい...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    大学野球卒業時に渡された本。チャンスは平等でない、101%の法則など、当たり前だけれど社会に出る前に知っておくべきことが記載。
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    読み終わった後、余韻が残るというよりは心の中の炎がブォォォって燃え始めるのがわかる所感。

    How toだけじゃなく、マインドのことまで網羅しながら、根拠を元に新卒の在り方を説く名著。

    ・目標はワクワクするものを。
    ・なんでできないのだろう、じゃなく「どうしたらできるのだろう」で思考する。
    ・マニ...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    ・当たり前の基準を圧倒的に高める→日々の習慣がその人を作り上げる
    ・仕事の報酬は仕事。手を挙げ続け、全力で仕事をし、チャンススパイラルに乗る
    ・常に相手の期待を1%でも超えていく
    ・人と同じことをしていては、突き抜けられるわけがない
    ・言われたことだけをやっているようではダメ
    ・日々やるべきことをコ...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    自分のやる気に火をつけてくれる本でした。
    ビジネスの世界で全ての行動に対して、意味を深掘りしている本でした。
    仕事の中で、「こうした方がいいのかな?」と悩む場面のことも、しっかりとその行動にフォーカスし意味づけして解説しているので、すぐに実践できると感じます。
    また仕事外での日常生活から実践できるこ...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    やる気を奮い立たせるために良い起爆剤になる本。かなりスケールが大きいことから、日常で実践できることまで、様々な着眼点から伝説の新人になる方法が書いてある。これを全てできるようになれば、たしかに伝説になれるだろう。弱気になったら読むと良いかも。
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    2回完読しました。

    この本を手に取っている時点ですでに周りよりも意識高くあるということに気付けた。

    このままスタートダッシュを決めて、出世の波に乗りたい。
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    内定者時代の課題図書。

    いち早く成功のスパイラルに乗るためには20代が超重要!という本。
    読書週間をつけろ、そして明確に言うと最低でも年50冊、10年で500冊と言われている。
    う、、頑張ります、、、。

    ケネディ大統領の就任演説
    Ask not what your country can do ...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    仕事を通して「伝説の新人」になるための習慣について様々な方からのヒアリングを元に書かれた本。
    スタートダッシュをしてチャンスを掴み、相手の期待値を1%上回る成果を出して、更なるチャンスを掴むチャンススパイラルに乗れというのが全体のメッセージ。

    実際に伝説の新人になられた方やリクルートで活躍した筆者...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    20代はとっくに過ぎ去っているが、
    社内の偉い人が毎年新卒に配布していると聞いたので読書。

    さらっと読みやすい。
    基本的には当たり前のことが書いてある。
    でもこの当たり前が分からないのが20代なのよね。。

    だからこそ20代は読むべき!
    そして会社で評価されないと思っている30代の方も!

    もちろ...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
     本書は、20代で突き抜ける人の共通点を端的に記載している。欲を言えば、項目の優先度についても記載していただけると、より実践しやすいのでよかったように感じた。
     個人的に1番大事だと感じた項目は、「与えられた仕事に対して期待を超えて実践する」ことである。これが、本に記載されている全ての行動に繋がって...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    新人時代は、とにかくできるだけ多くの情報をインプット→アウトプットできるように心がける。会社は”学ぶ”場所ではなく、学んだことを”生かす”場所であること。何もできない自分ができることを考えて、誰よりも早く会社に来て、雑務して、先輩をまねて、挑戦し続けること。
    自分の新人時代を振り返るとともに、今後の...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    優秀な新人と言われる人々がどんなことを継続してきたのかということがわかりやすくまとめられている本。
    読み終わった直後、非常にやる気が出た。
    特に、「人生における失敗者の多くは、諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに気がつかなかった人たちである。」というエジソンの言葉が引用されていた部分は心に残った...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    「必要最低限を少し越えた仕事をしろ」
    「当事者意識を持て」
    「たとえ休みの日であっても、起きている間は常に仕事のことを考えろ」

    これは私が過去に上司から言われたことであるが、本書を読んでその言葉が如何に仕事の核心を表現しているかを身に染みて感じることができた。



    必要最低限を越えろ。
    これは、...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    仕事に対する意識ややる気があがった。
    日常の業務に活かせそうなポイントがいくつもある。

    →To. 私
    どんな雑務であっても「頼まれごとは試されごと」の意識で。
    新人の特権があるうちは何度も読み返すこと。
    チャンスノートと読書はマスト。
    そして自分の立場に置き換え、全て実行してみること。
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    自己啓発されまくった。20代でその後の働き方が変わるとは思っていたけど、ここまで考え方が違えば30になった時には埋められない差ができているだろうなと思った。ギブアンドテイクではなくギブし続けること。与えることについて誰にも負けない人間になること。週に1冊は本を読むこと(とにかくインプット)。本を読ん...続きを読む
  • 伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い
    期待してなかったけど、かなり良書。
    3年目突入前に読めて良かった。社会人一年目の方にオススメ。テンション上がると思います。