八木洋介のレビュー一覧

  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    2020年6月再読。
    私を含めて、日本で人事の仕事をしている者にとって、八木洋介さんは、一つの目標像。
    たまたま研修で、何度か教えをいただく機会があり、実際の八木さんも、書籍で読むのと同じように素晴らしい方だった。
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    八木の今まで経験した会社で人事として行ってきた取り組みと、金井のそれを裏付ける理論や科学的根拠が載っている点で、HARD THINGSの人事版(前半・後半を違う人が担当することも相違)だった。人事の知識を得る点においてはhow to本に劣るが、マインドとか気概を知ることができる(戦略人事のビジョンの...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    著者はかつての名物GE人事。導入から中盤まではGEのカルチャーや制度のことが書かれており、今まで何冊も読んできたGE関連本と似たりよったりかと思いページを進める。
    が後半からは一点。古くは子供時代に遡る著者の個人的な経験とそこから導き出された人事感(あえて観ではなく感としている)を書く。
    著者の定義...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    企業経営におけるリーダーシップのあり方やリーダーに対するコーチングの重要性について、実践と理論がバランスよく記載されていて読みやすくためになる。
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    「私なりに別のたとえ方をすれば、人事には、会社が曖昧な状況に置かれているときに、進むべき方向性を示すアンバサダー(大使)の役割、トップが言うことを社員にわかるように伝え、社員が抱いている思いをトップに正しく伝えるトランスレーター(通訳)の役割、それから、社員のやる気を引き出して集団のパワーを最大化す...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    人事の可能性を、ぐっと広げてくれる一冊。
    人事が変わることで、きっと日本の未来は変わる。
    人事担当者はもれなく勇気をもらえると思います。
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    『ターゲットワード』
    ・会社を良くしたいなら「建前の会社」にすればいい
    ・人事は会社経営の中で経営戦略
    ・戦略性マネジメントと継続マネジメント
    ・能力評価は人事の欺瞞
    ・会社独自の「勝ちの定義」を作る
    -GEなら○○を選択して、雇用は選択しない
    ・本音を封印して建前で働く
    ・出来ませんでしたは通...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    現在をみて、変化に対応し、自分たちで変革を起こしていこうとする、戦略的マネジメントをするための姿勢、方法について書かれている。人事というよりマネジメントするうえで重要な示唆が詰まっている。金井先生の絡んでる本は外れないなー。
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    人事とはという話から、どんどん話が深まり会社を変えるにはどうすればいいか真のリーダーとは何かという話にまで行き着く熱い本。

    人事とは人のやる気を最大化すること

    公平性はコミュニケーションの取り方やチャンスの与え方にもとめるべき

    チェンジを起こしたかったら、賛成してくれる人を増やすより、反対する...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    この本の中で印象に残ったのは、
    「言ったことが全て、決めたことが全て」
    という部分。

    「異論は方針が決定する前に言うべきとされ、
    同意して決めたことは決めた通りにやる。」

    この部分だけ抜粋しちゃうと、なんだか表現が強いけれど、要は、どんなことにも自分の意見を持ち、伝え、議論の末決まったことを素直...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    ラーメン屋みたいなタイトルだが、内容はとても参考になる。本書で書かれている制度は最近使われなくなったらしい。
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    しばらく積読だったが棚卸し。実務の巨人とキャリア研究の巨人がタッグを組んだ良書。これが新書で読めるなんてお得過ぎる。人事部門担当者はもちろん、マネジャー層にも読んで欲しい。分かりやすさと地道さがキーポイントなのだと実感。「正しいと思うことを正しく行う」...う~ん、これが一番難しい...。挑戦と失敗...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    <感想・要約>
    人事の基礎のキを知りたくて読書。著者の八木さんのNKKやGEでのキャリアに沿って話は展開されるが、人事の役割や組織の強さの元について考察があり、勉強になった。

    <一番よかった点>
    「勝ちの定義がしっかりしている組織は強い」「リーダーがリーダーを育てる」「人事はビジネスパートナー・チ...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    NKK、GE日本法人を経て現在はLIXIL(住生活グループ)執行役副社長となった八木と、リーダーシップを中心とした経営学教授の金井のコラボ。八木が人事の現場経験から抽出された要諦を熱く語り、読者にスムーズに伝わるように金井が編集者+αの役割を果たして体系的な解説を挟みこんでいく構成。GEウェルチの「...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    「おすすめする人」
    ”人事とは綺麗事を通す仕事である”
    この言葉に「なるほど。」となる人が恐らくこの本のメインターゲット。笑
    つまり、広い意味で人事の仕事に関わりながらも、理想と現実とのギャップを感じているビジネスマン〜30歳くらいまで?が対象。日本GEでのHRリーダー経験を元に、人が企業にとって価...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    タイトルの様に、"戦略" "人事" "経営" "リーダーシップ"というキーワードで構成されている。
    八木さんのご経験に対して、金井先生が解説している形で展開されている。
    八木さんは、NKK、GEで実務経験を積んでおり、主としてGEの人事システムについて詳細に解説している。
    面白いなと思ったのは、主...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    人材育成、人材開発が大切なのはなんとなく分かっているけれど、それって実際どういうことなの?という問いに答えてくれる本です。八木さんの考え方は凄く腑に落ちるし、何よりやる気が出てくる。

    「人事は単なる制度のオペレーションではない。経営そのものである」これを知ることが出来ただけでも十分な収穫でした。
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    “人事”という仕事の本質に改めて気付かせてくれた本。人事に携わるもの、読むべき本と思います。

    「企業は人なり」のことばは、ただの理想論ではなくそれを本当の意味で体現するためには、人事が人事としての仕事を全うにする必要があると感じました。

    正しいと思うことを正しく。
    その正しさを主張するためにはま...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    先日のBBTの番組で「ダイヤモンド社100執念記念セミナー」でのセッションを見て感銘を受け、早速ご著書も拝読しました。元日本GEのHRリーダーで現リクシルグループ副社長の八木洋介さん。
    熱いですね〜
    「制度を守る」部署に成り下がっている人事部に喝を、そして、「よい会社」であることに甘んじている日本...続きを読む
  • 戦略人事のビジョン~制度で縛るな、ストーリーを語れ~
    ■メモ
    戦略性のマネジメント
     環境の変化を読み、環境の変化に合わせて人事戦略を考え、実行する。
     過去の制度という前提を持たない。会社のSTRと人事戦略が一致する。

    継続性のマネジメント
     過去からの継続を意識する。環境の変化に合わせた会社のSTRと齟齬が生まれる
     場合もある。人事制度の中には...続きを読む