風雲児たち 8巻

風雲児たち 8巻

作者名 :
通常価格 712円 (648円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

全国的な大飢饉で難民続出。人々の不満は老中・田沼意次、意知親子に向けられた。さて、この時、白河藩主・松平定信は・・・・・各界から絶賛の声が届く歴史大河ギャグ、第8弾!!

ジャンル
出版社
リイド社
掲載誌・レーベル
SPコミックス
電子版発売日
2011年12月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
44MB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

真の完結まであと20年はかかると豪語する著者は、無名の偉人たちを丁寧に取り上げながら、幕末に向かうエネルギーを読者にぶつけてきます。「幕末」と言いながら、原因になった「関ヶ原」まで遡ったため、登場人物が膨大になり、30年以上の連載になってしまったのです。
印象的なエピソードは数えきれませんが、その後、歴史小説として話題になった
・関ヶ原での島津の正面突破による退却
・恐妻家(妻はお江~大河ドラマでは上野樹里!)だった二代将軍・秀忠の浮気で生まれた保科正之が家光への忠誠が認められて会津の藩祖になるが、それが幕末の悲劇につながる
など、私は歴史をこのマンガに学んだと言っても過言ではない!質量ともに文句なしの傑作です!

風雲児たち 8巻 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年09月06日

    田沼意次・意知父子の苦闘、それに伴う蝦夷地の調査。田沼と松平定信との決定的な考え方の違いは埋まらない。そしてその溝が悲劇を生む。思想を絵と文で表すことにおいて、みなもと太郎の解釈力と技術力はスゴイ!

    このレビューは参考になりましたか?

風雲児たち のシリーズ作品 1~21巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~21件目 / 21件
  • 風雲児たち~蘭学革命篇~
    前野良沢と杉田玄白による“蘭学事始”。史上初の西洋医学書の和訳に一心同体で取り組んだ二人は、鎖国ど真ん中の江戸中期に革命的な翻訳を成し遂げる。しかし、刊行された「解体新書」にはなぜか良沢の名は載らず、名声は玄白だけのものとなった。二人の間にいったい何が起きたのか……。 『風雲児たち』シリーズの中でも最も人気の高いエピソードの一つであり、ドラマの原作部分でもある「解体新書」刊行秘...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

風雲児たち に関連する特集・キャンペーン