一夜の夢 照降町四季(四)
  • 最新刊

一夜の夢 照降町四季(四)

作者名 :
通常価格 800円 (728円+税)
紙の本 [参考] 825円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

焼失した建物の再建も進む中、舟を使った出店、千代田の城を見ながらの絶品風呂など
アイデアをいかした商いも続々生まれ、照降町は元気を取り戻そうとしている。
町の復興の要となり、照降町の人々の支えとなっている周五郎だったが、
小倉藩の派閥争いの中、実兄が命をおとし、藩主からのSOSに苦悩するが…
周五郎が町をいずれ去ることを覚悟する佳乃の想いとは。

大火から9ケ月後、二丁町には官許の芝居小屋中村座が完成。こけら落としの出し物は
佳乃をモデルにしたものだった。大入り満員の最終日、客席には意外な人物が。

コロナ下と重なる江戸の情景と、人々の想いが元気をくれる!
「照降町四季」シリーズ、ついに完結!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2021年07月07日
紙の本の発売
2021年07月
サイズ(目安)
2MB

一夜の夢 照降町四季(四) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月05日

    内容(ブックデータベースより)
    焼失した建物の再建も進む中、舟を使った出店、千代田の城を見ながらの絶品風呂など
    アイデアをいかした商いも続々生まれ、照降町は元気を取り戻そうとしている。
    町の復興の要となり、照降町の人々の支えとなっている周五郎だったが、
    小倉藩の派閥争いの中、実兄が命をおとし、藩主か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月07日

    シリーズ最終話。
    前作で兄の死亡により父に呼び出された時から周五郎の行く末がわかったように思う。女師匠の佳乃との関係は本のタイトル通り「一夜の夢」だったのだろう。切ないが二人の行く末は結果的に芝居に書かれた通りになった。
    作者の佐伯先生も高齢になってきた事もあり、シリーズは短く、また読切が増えてきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

照降町四季 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 初詣で 照降町四季(一)
    ptバック
    日本橋の近く、傘や下駄問屋が多く集まる町・照降町に「鼻緒屋」の娘・佳乃が三年ぶりに出戻ってきた――  著者初・江戸の女性職人が主役の書下ろし新作<全四巻> 1巻「初詣で」内容 文政11年暮れ。雪の降る中、18で男と駆け落ちした鼻緒屋の娘・佳乃が三年ぶりに照降町に戻ってきた。 懐かしい荒布橋(あらめばし)を渡り、町の入り口に立つ梅の木を、万感の思いで見上げる佳乃。 実家の鼻緒屋では、父が病に伏せっており、九州の小藩の脱藩武士・周五郎を見習いとして受け入れていた。 父にかわり、職人として鼻緒挿げの腕を磨く佳乃は、新鮮なアイデアを出して老舗の下駄問屋の宮田屋に認められ、吉原の花魁・梅香からも注文を受ける。 自分を受け入れてくれた町に恩返しをすべく、日々を懸命に生きる佳乃だったが、駆け落ちの相手・三郎次が あとを追ってきて―― 「己丑の大火」前夜の町と人々を通して描く、知恵と勇気の感動ストーリー。
  • 己丑の大火 照降町四季(二)
    ptバック
    江戸を大火が襲う!女職人が主役の全四巻連続刊行 文政12年、材木置き場の奥で燃え上がる炎――「己丑の大火」から照降町を守るため、佳乃と周五郎は決死の策に出る。感動の第二巻。
  • 梅花下駄 照降町四季(三)
    ptバック
    文政12年、大火は江戸を焼き尽くした。佳乃と周五郎は、照降町の御神木を守り抜いたとして町の人々に厚く感謝される。焼けてしまった店の再建を待つ間、舟を店に仕立てた「舟商い」は大繁盛し、人々は復興にむけて精いっぱいの知恵を出し合い、助け合う。 吉原の今をときめく花魁・梅花から「花魁道中で履く三枚歯下駄」の制作を託された佳乃は、工夫を凝らして新しい下駄を作りつつ、この大火で命を落とした江戸の人々の鎮魂のための催しを企画する。佳乃と花魁が企てた前代未聞の催しとは―― そんな中、藩の派閥争いから逃れて職人修業をしていた周五郎のもとに、不吉な一報が。 復興のアイデアを出し合う人々の心意気、大店・吉原・職人らが連携して作りあげた、奇跡の風景が心を震わせる。読むほどに元気が出る感動ストーリーが目白押しの第三巻。
  • 一夜の夢 照降町四季(四)
    焼失した建物の再建も進む中、舟を使った出店、千代田の城を見ながらの絶品風呂など アイデアをいかした商いも続々生まれ、照降町は元気を取り戻そうとしている。 町の復興の要となり、照降町の人々の支えとなっている周五郎だったが、 小倉藩の派閥争いの中、実兄が命をおとし、藩主からのSOSに苦悩するが… 周五郎が町をいずれ去ることを覚悟する佳乃の想いとは。 大火から9ケ月後、二丁町には官許の芝居小屋中村座が完成。こけら落としの出し物は 佳乃をモデルにしたものだった。大入り満員の最終日、客席には意外な人物が。 コロナ下と重なる江戸の情景と、人々の想いが元気をくれる! 「照降町四季」シリーズ、ついに完結!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています