江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ

江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ

作者名 :
通常価格 763円 (694円+税)
紙の本 [参考] 803円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

北森下町にある長屋の大家の娘・お美羽は容姿端麗でしっかり者だが、勝ち気すぎる性格もあって二十一歳で独り身。父親に代わり、店賃を取り立てて、住人の世話をしている。ある日、小間物屋の悪い噂を耳にした。白黒つけなければ気がすまないお美羽は、密かに恋心を寄せる浪人の山際と手を組み、真相を探っていくが……。痛快な時代ミステリー!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎時代小説文庫
電子版発売日
2020年12月09日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
2MB

江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月13日

     山本巧次「入船長屋のおみわ」江戸美人捕物帳、2020.12発行。まずまずの面白さです。シリーズものと期待してますが、さて。これで終わりのような気も。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月13日

    「入舟長屋のおみわ」シリーズ、1作目。

    勝ち気で美人な長屋の大家の娘、おみわが主人公の捕物帳。よくある設定ではあるけど、テンポ良く、事件ミステリ展開もなかなか面白く読ませてくれた。現代捜査を使うおゆうのシリーズとは違い、こちらは真っ当な捕物帳という感じだが、それはそれで面白かったし、軽く読むにはち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月28日

    長屋の大家の娘が店子の浪人や岡っ引きとともに真相を探っていく話で、テンポも良くとても読みやすいです。
    「おゆうシリーズ」と異なり現代知識を駆使しているわけでもないので通常の時代小説ですが、別嬪で勝気な性格などかぶってしまう部分も多かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

    シリーズ第一弾
    店子を気遣い、元気な娘、悪辣な小間物屋にかかわりを持ったことから感と推理を働かせ、背後の大悪の女将をあぶりだす、真相の伏線は最初から、地道な捜査というか好きな浪人と一緒にいることが?
    最後は浪人の妻子が江戸に来ることを、知らぬは自分だけ?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2022年04月12日

    Tさんのおすすめ。

    おみわは入船長屋の店子の娘。
    といっても、家賃を集めたり、痛んだところを直してもらったりと
    のんびり者の父親に代わって働いている。
    縁談が次々と舞い込むぐらいの美人だが、
    気が強くしっかりすぎると断られるばかり。

    店子の一人の職人が、
    小間物屋にいちゃもんをつけられたのをきっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

江戸美人捕物帳 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ
    北森下町にある長屋の大家の娘・お美羽は容姿端麗でしっかり者だが、勝ち気すぎる性格もあって二十一歳で独り身。父親に代わり、店賃を取り立てて、住人の世話をしている。ある日、小間物屋の悪い噂を耳にした。白黒つけなければ気がすまないお美羽は、密かに恋心を寄せる浪人の山際と手を組み、真相を探っていくが……。痛快な時代ミステリー!
  • 江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ 夢の花
    美しく、しっかり者のお美羽。彼女が取り仕切る長屋の住人・長次郎の様子が変だ。十日も家を空け、戻ってからも部屋を出てこない。長次郎の弟分の弥一と一緒に理由を問い詰めると、名も知らぬ女を殺してしまったかもしれないと言う。真相を探り始めるお美羽だが、長次郎を信頼し続ける弥一に次第に惹かれると……。切なすぎる大傑作時代ミステリー。
  • 江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ 春の炎
    北森下町にある長屋を仕切るお美羽は器量はいいが、言い寄る男を川に放り込み、店賃の払いが悪い家の障子を叩き割るほど気が強い。そのせいか二十一歳で独り身だ。ある春、火事が続き、長屋や呉服屋でもボヤが出た。呉服屋の若旦那は、役者にしたいほど整った顔立ち。彼に惹かれたお美羽は火事の真相を探るのだが......。切なすぎる時代ミステリー!
  • 江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ ふたつの星
    深川の長屋を仕切るお美羽は器量はいいが、気が強すぎて婚期なのに独り身だ。ある朝、長屋に住む大工の和助が普請した芝居小屋の席が崩れ、怪我人が出てしまう。お美羽は原因を小屋の旦那と客の若侍と共に調べ始める。すると和助の不始末と決めつける読売が出たり、別の小屋の仕業だという噂が流れて......。跳ね返り娘が躍動する傑作時代ミステリー!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

幻冬舎時代小説文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング