りん語録

りん語録

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

島崎藤村の「初恋」や宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に出てくるりんごは一体、何りんご? りんごに魅せられた小説家が、りんごを巡る旅で出会った味と香りと言葉をふりかえる。りんごを追いかけて6年。〈青森りんご勲章〉受章後、山形、茨城、群馬などの農園や研究所も訪ね、伝統あるりんごのお菓子を味わいに京都や神戸へ。さらには文学作品中のりんごにも思いを馳せ――。●本書に登場するりんご 星の金貨/ぐんま名月/はつ恋ぐりん/トキ/こうとく/旭/さんさ/恋空/ピンクレディー/陸奥…and more!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社ビジネス書
ページ数
192ページ
電子版発売日
2020年12月04日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
1MB

りん語録 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年12月01日

    美味しい林檎をたくさん食べたような幸せを感じました。林檎を巡る話や文学作品の引用もあり楽しかったです。林檎愛深まります。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年11月26日

    前作「ききりんご紀行」が面白かったので購入(前作のあとがきで一年後にこのりん語録が出版予定とあったので待望の一冊)。期待以上だった。

    私はNHKの「グレーテルのかまど」という番組が大好きで、その番組にも登場したタルトタタンのお店へも今作では取材している。番組の内容ともリンクしてコラボのようでワクワ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています