葬送のフリーレン(3)
  • 最新刊

葬送のフリーレン(3)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 499円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

エルフの魔法使い、新たな仲間と新たな旅


勇者一行にいた魔法使い・フリーレン。

魔王軍の残党で大魔族でもある

七崩賢・断頭台のアウラと衝突。

その中で、フリーレンの史実が明かされていきます。

悠久の時の中で、彼女が抱いた感情とは――

物語は、現在と過去が交錯していく。

英雄たちの“真実”を紡ぐ後日譚ファンタジー!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
週刊少年サンデー
ページ数
200ページ
電子版発売日
2020年12月18日
紙の本の発売
2020年12月
サイズ(目安)
41MB

新刊オート購入

葬送のフリーレン(3) のユーザーレビュー

    購入済み

    是非!!

    ひとし 2021年02月09日

    シリアスとギャグのバランスがとても良くて、読み味も凄くいいです。さらに、カラーの扉絵がめちゃくちゃ良くて、電子書籍で買ってよかったなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月16日

    すき〜
    魔族との闘いはもちろんだけど、その後の旅もおもしろい〜
    たまにくるシュールなツッコミがいいよね笑

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月01日

    シリーズ第3段。
    フリーレンの歴史が少しづつ明かされる。
    大切な人を亡くしても思い出はすぐ側にある。
    生きていることも、いないことも、日常の一部だと思えるようになれるのなら、それは残された者にとっての救いだ。この物語はそれを応援してくれているように思える。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月27日

    フエルン・シュタルク対リュグナー・リーニエ、フリーレン対アウラに決着が付くと、後は冬山遭難したら変態武道僧で、破戒僧と息をつく暇もない。
    と思ったら青春の甘酸っぱい誕生日だし、快調です。
    相変わらず日常の中の小ネタ小ギャグが楽しいからいいか。でもミミックに食われかけて怖いよー暗いよーがないのが寂しい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月19日

    アウラをはじめとする魔族との戦いは人と魔族の違いを魅せてくれた物語だった。強大な魔力を持ち相手を服従させるアウラ、シュタルクの師匠・アイゼンの技を模倣するリーニエ、確かに魔族としては強い。しかし、フリーレンたちの強さには人の意志が宿っている。アイゼンもフランメも師匠たちがとにかくカッコいい!もちろん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月31日

    表紙はグラナト伯爵領における主要人物が揃った日常の一コマ風なのだけど、背景の違いによって相容れぬ世界に住む存在なのだと示しているかのよう


    断頭台のアウラを相手に立ち回るフリーレン。一方、フェルンとシュタルクは首切り役人と一対一の勝負
    フリーレンだけが大立ち回りをするのではなく、弟子組の二人にも見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    内容が好きすぎて3巻まで一気読みしました!
    立ち寄る街並みが僕の好きな雰囲気で、ストーリーも非常によく出来ています!
    時々挟まれるユーモアのあるセリフも面白いです。
    これから先の展開が気になります...!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

    あぁ、既刊本まで全部読んでしまった…。続きが気になって仕方がない。フリーレンの過去が明かされるにつれて、彼女の持つとんでもない魔力も明らかに。フリーレンの師匠、そしてシュタルクのお兄さん。追憶から物語が形作られていくという類稀なストーリー展開は、読者をどっぷりとこの世界に引き込んでくれます。物語全体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    おもしろかった

    2021年02月01日

    魔王討伐後の話なので、ファンタジー世界のバトル漫画というよりは、魔王討伐の80年後にかつての旅の道筋を辿る心や記憶に重きをおいた物語です。
    少年漫画らしいギャグっぽいシーンもありますが、読むと暖かいものが残ります。勿論バトルシーンはありがすが、ほっこりする日常系が好きな人は楽しめます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月27日

    断頭台のアウラとその配下との、三者三様の戦いが終わり、また一行の旅が続く第3巻。魔力に対する魔族の「誇り」という概念が面白い。2巻で少し触れられた「欺く」というワードがこういう形で活かされてくるとは。短いエピソードでフリーレンの辿った過去や仲間との思い出が描かれていく構成が、ますます作品世界を深いも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

葬送のフリーレン のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 葬送のフリーレン(1)
    魔王を倒した勇者一行の後日譚ファンタジー 魔王を倒した勇者一行の“その後”。 魔法使いフリーレンはエルフであり、他の3人と違う部分があります。 彼女が”後”の世界で生きること、感じることとは-- 残った者たちが紡ぐ、葬送と祈りとは-- 物語は“冒険の終わり”から始まる。 英雄たちの“生き様”を物語る、後日譚(アフター)ファンタジー!
  • 葬送のフリーレン(2)
    魔王を倒した勇者の死後、魔法使いが歩む旅 長生きなエルフの魔法使い・フリーレン。 弟子の魔法使い・フェルンと歩む旅の目的地は、 再び魔王城。勇者たちの魂が眠るとされる地。 この旅は、勇者たちとの冒険の足跡を辿ることでもあります。 道中、戦士の弟子・シュタルクとの出会いも―― 物語は、追憶と共に新たな局面へと進む。 英雄たちの“系譜”を紡ぐ後日譚ファンタジー!
  • 葬送のフリーレン(3)
    エルフの魔法使い、新たな仲間と新たな旅 勇者一行にいた魔法使い・フリーレン。 魔王軍の残党で大魔族でもある 七崩賢・断頭台のアウラと衝突。 その中で、フリーレンの史実が明かされていきます。 悠久の時の中で、彼女が抱いた感情とは―― 物語は、現在と過去が交錯していく。 英雄たちの“真実”を紡ぐ後日譚ファンタジー!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています