蜜のように甘く

蜜のように甘く

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

沈黙を抱える者たちの視線が交差し、気高い光を放つ。胸に刻まれたその残像が、今も消えない。 ——小川洋子さん推薦!

戦争で夫を亡くし、足のケアサロンを営むペイジ。
斜向かいに住む大学教師ボビーの密かな楽しみは、ペイジの生活の一部始終を観察することだった。

ある日ボビーは、意を決し初めて店を訪れる。
足を洗ってもらっているあいだに、ひとり語りを始め、忘れ得ぬ事故のことを打ち明けるボビー。
悲惨な体験を通して、孤独な二人の心は結びつくのだが……(「初心」)。

79歳の作家が贈る、全10篇の濃密な小説世界。

「世界最高の短編作家」(ロンドン・タイムス)
「現存する最高のアメリカ作家による、最高傑作集」(ボストン・グローブ紙)
——なんとまあ大袈裟な、と思う方は、是非とも本書を読んで確認していただきたい(古屋美登里)


【目次】
・初心
・夢の子どもたち
・お城四号
・石
・従妹のジェイミー
・妖精パック
・打算
・帽子の手品
・幸福の子孫
・蜜のように甘く
・訳者あとがき

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
亜紀書房
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年07月31日
紙の本の発売
2020年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

蜜のように甘く のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    すばらしく繊細でスリリングで美しい短編集。珍しい出来事や奇想があるわけではない。読者に近しい市井の人々の営み、生と死、喜びや悲しみが作品1つ1つに凝縮されている。その表現の巧みさと描き出されたイメージの豊かさに驚く。70才を過ぎた女性作家だという点でも深みを増しているのかもしれない。「帽子の手品」に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    この短編集の雰囲気を豊かさを、わたしの語彙力では表現むり。10篇のうち特に好みな「お城四号」「蜜のように甘く」は萩尾望都、山岸凉子、ヤマシタトモコ、よしながふみのみなさんがマンガ化してくれてほしい切望で、つまりそういう深さ美しさのお話なんです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    なんなんだろう、この人のよさは。現代の短篇小説家のトップに位置するうちの1人、と言って決して過言ではないはず。
    『初心』『従妹のジェイミー』『帽子の手品』が特に◎。しんみりじんわりというよりも、仄かなユーモアが漂ってきながらちょっと皮肉が浮かび上がってくるようなものが好きだな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています