変なおじさん【完全版】(新潮文庫)

変なおじさん【完全版】(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

女の子が大好きで、正体がバレるとヘンテコな踊りをするコントの役柄、それがご存じ「変なおじさん」。でも、僕は、この自分の分身が大好き。なぜなら僕も、ずっとお笑いにこだわってきた変なおじさんだから。子供の頃、コメディアンになろうと思い、ドリフの付き人から「全員集合」「加トケン」「だいじょうぶだぁ」「バカ殿様」とお笑い一直線。そんな僕の人生をちょっとだけふり返ってみたヨ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年07月03日
紙の本の発売
2002年09月
サイズ(目安)
16MB

変なおじさん【完全版】(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月15日

    志村さんか新型コロナで亡くなれた後に本屋で売られてるのを見つけ購入した。

    幼い頃の思い出、お笑いに対する姿勢、お世話になった人との絡み───志村さんの素顔に迫れる一冊。
    亡くなった事でこの本を手に取るキッカケになったのだけど、やはり生きておられる間にこの本を読んで志村さんのコントを見たかった・・・...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月30日

    余裕のある笑顔の表紙は、直前に読んだ、ちょっと涙目っぽい表情の表紙の『志村流』より好き。前著でも思ったけれど、志村さんは「職人」だ。ドリフターズの他のメンバーを始め、いろんな芸人のことを「さん付け」で呼んでいる点は新鮮。中島みゆきさんを始め、有名人とのエピソードがたくさん書かれていて興味深い。芸能人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月29日

    日本の宝物。

    亡くなってしまったのは本当に惜しい。

    この本は志村けん著。
    志村けんは兄の影響で好きになった。
    そしてこの本の解説をしているのは吉田拓郎。
    父の影響で好きな歌手でもある。

    お笑いといっても笑わせるためにとても努力をなされた。テレビではのほほんと笑わせてもらっていたが、裏ではこんな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月10日

    自伝的に語る我がお笑い人生。ドリフの付き人から「全員集合」「だいじょうぶだぁ」「バカ殿様」まで。(平成14年刊。本書は「変なおじさん」(1998年刊)と「変なおじさんリターンズ」(2000年刊)を合本したものである)

    追悼のために買って読む。
    「全員集合」の後半、「加トケン」はリアルタイムで見た世...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    志村けんさん 変なおじさん完全版
    2021.03.30
    志村けんさん
    一周忌となりました。

    映像はもちろん、文章を通じて、志村けんさんが見えてくる本です。
    多くの方の手元でこれからも輝きますように。

    2021.02.23追記
    志村けんさんの生き方、考え方が見えてくる本です。
    テレビの作品は表。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月13日

    小さい子からお年寄りまで誰もが笑えるお笑い。
    私も沢山笑わせていただきました。

    志村さんの笑いを通して皆んなに元気を与えたいと言う熱い思いに触れる事ができ、拝読後、胸が熱くなりました。

    まだまだ、志村さんのコントや演技を見たかったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月23日

    いまだに、コロナで亡くなったことが信じられず、「ひとみばあさん」や「変なおじさん」のコントを見たい、と強く感じます。
    始めてドリフターズの「8時だよ全員集合」を見たときには衝撃を受けましたし、いかりや長介さんと志村けんさん、加藤茶さんの掛け合いは今でも大好きな場面です。

    志村けんという偉大なコメデ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年02月19日

    テレビで見ていた面白い志村けんさんのイメージで読み始めたら、そんな事ないとても真面目な方だったんだという事がよく分かった。
    今でもひょこっと出てきそうな気がしてならない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月24日

    モノづくりとはまさにこのようなこと。1人では決して良いものは作れない。みんなの協力の上で、はじめて良いものが作れる。
    コントにこだわった生き様はカッコイイ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月24日

    志村けん世代というか、ドリフ世代ではないんだけどかなり良かった。これを読んで自分のお笑い観が変わるというわけではないけど、この本は読む価値があった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング