PDCAマネジメント

PDCAマネジメント

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

PDCAは誰もが知るビジネスフレームワークですが、この言葉ほどわかった気になって、それぞれ勝手な解釈で使われる言葉はありません。
PDCAはもともと製造業のTQC活動から始まった、現場の実践的なマネジメント手法です。
ところが最近のビジネス書棚では個人の仕事術、ダンドリ手法のひとつとして取り上げられる例が目立ちます。

本書はPDCAの本来の使い方であり、トヨタなどの優良企業で実践されている、
組織・チームで仕事をするマネジャー層の読者を想定した、マネジメントのためのPDCA入門です。

著者によれば、着実に成長している一部の優良企業を除き、日本企業でPDCAがまともに廻っているところは少ないといいます。とりわけ、日本ではPDCAのPが「計画」と訳されたため、予算数字の達成を無理強いする時に使われるものととらえている人も多いでしょう。

本書では主要業務で着実にPDCAを廻していくために、「業務の定義」「現状把握」「意味合いの抽出」「帳票の設計」「会議の運営」「指導と躾」「立ち上げ方」まで落とし込んで、具体的な方法を紹介していきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日経文庫
ページ数
264ページ
電子版発売日
2020年06月17日
紙の本の発売
2020年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

PDCAマネジメント のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月21日

    PDCAの学び直し。PDCAが出来た理由、歴史から正しい運用方法までが記載されている。

    節々にヒントになる考えや事例があり、なかなか面白い。文体は学術的だが、作者の主体で書かれているので読みやすい。

    中級者向けだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日経文庫 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング