女神のサラダ
  • ptバック

女神のサラダ

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

503pt

  • 30%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東京の会社に勤めていた沙帆は、過酷な労働環境に疲れ、心身ともに限界を迎えていた。どこか違う環境でやり直したいと、意を決して高樹農園に転職することになるのだが……(夜明けのレタス 群馬県昭和村・高樹農園――)。全国各地を舞台に、農業に関わる女性の想いと悩みを鮮やかに描いた、一緒に泣いて、笑って、元気になれる8つの短編集。土の匂い、太陽の光、作物が繋ぐ人との絆――いいじゃない、農業。

ジャンル
出版社
光文社
電子版発売日
2020年03月27日
紙の本の発売
2020年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

女神のサラダ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    書店で見かけて、カバーイラストに惹かれて購入。
    農業や畜産に携わる女性たちの物語。短編集。
    ひとくくりに、農業に携わる女性と言っても、女性たちの環境や悩みも様々だし、どの職業の女性たちとも悩みは変わらない。
    でも、自然を相手に仕事をしているからだろうか。
    優しくて強くて、悩みながらも前を向いている人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月03日

    著者の作品の中でも好きな部類。「オリーブの木の下で」が特に良かった。「トマトの約束」も続編が読んで観たい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月25日

    短編集8編
    野菜農家のそれぞれの活躍生き方がとても前向きな形で描かれていて,人生の応援歌の様.短いながらどれも良かったが,「本部長の馬鈴薯」がユーモラスで共感もできホロリともさせられ特に好きです.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月22日

    どんな時でもひたむきに生きてふと顔をあげれば一筋の光、がきっと差すんだな。読後感良し。読むだけで栄養とった気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月08日

    心身ともに限界を迎えた会社員の沙帆は、違う
    環境でやり直したいと群馬の農場に転職するが…。
    「夜明けのレタス」をはじめ、全国各地を舞台に、
    農業に関わる女性の想いと悩みを描いた
    8つの短編集。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています