ルポ「8050問題」 高齢親子〝ひきこもり死〟の現場から

ルポ「8050問題」 高齢親子〝ひきこもり死〟の現場から

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

80歳の親が収入のない50歳の子どもを支えている「8050問題」。親が死ぬと、子どもも死んでしまうケースが多発。長期高年齢化するひきこもり当事者たちの現状を徹底リポートする。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年12月20日
紙の本の発売
2019年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ルポ「8050問題」 高齢親子〝ひきこもり死〟の現場から のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月12日

    80代の親と50代のひきこもり子を扱った本。
    親の遺体と暮らしたり監禁されたりと様々なケースが紹介されている。
    一番惨いのは年齢により救いの声を封殺した行政と思われる。「9060問題」に移っているのも考えさせられる。
    東京都も重い腰を上げたようだが2020年コロナ禍によりまた事態は変わるような気がす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月26日

    8050問題とは80代の親が収入のない50代の子供の生活を支え、行き詰まっている世帯の事である。臨床現場でも、ここ5年程、増えている印象がある。その実態は多様であり、軽度の障害が分かる人もいれば、グレーゾーンの人もいて、多職種、多機関の対応が必要になる。本書は、この問題の実態と行政や民間で進んできて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月26日

    引きこもり年齢の高齢化問題と支援の現状と課題。

    ジャーナリストの視点と当事者支援の筆者によるリアリティある本。

    当事者支援の視点からジャーナリストの視点に展開してもらえれば、さらにわかりやすかったのかなとも思った。

    数ある引きこもり関係の本の中では、良書だと思った。
    235ページ6行目に脱字が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています