ひきこもる女性たち

ひきこもる女性たち

作者名 :
通常価格 730円 (664円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ひきこもるのは男だけじゃない。
社会に消された、ひきこもる女性たちのリアル。
日本の大問題として根付き、一向に解決の糸口が見えない「ひきこもり」問題。
2010年に内閣府が発表した「ひきこもり実態調査」では、その調査における「ひきこもり」の定義に該当する
約70万人のうち男性と女性の比率が 7:3だったということから、男性が圧倒的な数に上る。
けれども、その裏で 肩身の狭い思いをし、声を上げたくても上げることのできない女性たちが数多くいることを知っているだろうか。
その中には、そもそも社会から「ひきこもり」 と認知されていない人々もいるのだ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
ベストセラーズ
掲載誌・レーベル
ベスト新書
ページ数
204ページ
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ひきこもる女性たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年10月12日

    某所に、自分を悲劇のヒロインと思いたい人たちの事例ばかり載っているというようなことが書いてあって、あなたみたいなのがここに載ってるような人を傷付けているんじゃないの?と言いたくなった。まあ、それは置いといて。
    「家事手伝い」や「主婦」という肩書きによって女性のひきこもりが埋もれてしまっていることはも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月03日

    女性のひきこもりが、家事手伝い・専業主婦の影に隠れ見えづらくなっているということは、よく分かったが、やはり男性に比べ深刻度は低いととられかねない内容だった。

    特に最終章の「ひきこもり×おしゃれカフェ」の話など、重度のひきこもり状態にある人から見れば「何がおしゃれだ」と怒りたくなる内容ではないだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています