東独にいた(1)

東独にいた(1)

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ベルリンの壁で一つの国が真っ二つに裂かれた世界。
東ドイツ。
社会主義が支配するその国に住むアナベルは、
古本屋を営む青年・ユキロウに密かな恋心を抱いていた。
そして、国家の陰謀が絡む明かせない秘密を。
時代が、思想が、抗争が、二人を別つ壁となる――。
東ドイツに生きた人々を描く本格派歴史劇。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ヤングマガジン サード
電子版発売日
2019年12月20日
紙の本の発売
2019年12月
サイズ(目安)
94MB

新刊オート購入

    購入済み

    ダークな雰囲気が素敵です!

    DANZIKI 2022年01月01日

    東ドイツが崩壊する前夜を描いたロマンス物です。
    反体制派のユキロウと、彼に恋する軍人のアナベル・フォードール。
    彼女はただの軍人ではなく、多目的戦闘群『MSG』の超人です。
    東ドイツのダークな雰囲気と、謎に包まれている『MSG』の組み合わせがたまりません!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    東ドイツという時点で購入。30人にひとりが密告していたというナチス以上の監視社会ですね。

    主人公は東ドイツ多目的戦闘群MSGのアナベル・フォードール。ユキロウに恋するが、そのユキロウは反体制派であり……。

    第一次大戦は化学の、第二次大戦は物理学の戦争だった。第三次は数学ではなく生物学の戦争になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2022年03月18日

    ドイツがまだ東西に分かれていた頃の話。
    それぞれの思想や感情がとても伝わって来る作品。
    どちらが悪かという部分は人それぞれの捉え方で良いと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    暗くて陰鬱

    tossi 2021年05月07日

    閉塞感に包まれた東独の雰囲気を余すところなく描いている。当時の報道などから想像される陰鬱な世界のとおり。恋人同士が実は敵味方という設定がやるせない。それぞれが、敵を殺すことに躊躇しないと言っている。そんな二人の今後はどうなるのか。この先を読み進めるのが怖い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    時代や環境説明を乗り切れば

    cookbook 2022年05月23日

    結構前に途中で挫折して放置していたが、漫画沼で紹介されたのを機に再読。最初の政治的な描写を乗り越えれば、敵と味方の駆け引きの心理的な描写やギリギリ実際にありそうな超人の戦闘の迫力など見どころが多いいことが分かった。。2巻以降も読んでいこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    フィクション

    ボリス 2022年04月10日

    重厚な雰囲気で、フィクションでありながら本当にこういう事が起きていたかのように感じさせる。隠されたユキロウの本心がどうなのか知りたい。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    重厚感ある話

    じゃがいも 2021年05月01日

    現在も数多くの国が独裁体制を敷いている。その共産主義独裁体制の典型例として崩壊前の東ドイツを舞台とし重厚感ある話を展開している。描かれているエピソードの多くが史実に基づいていると思われるところが恐怖感を煽る。 絵柄がいまいちなのがとても残念である

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    宮下暁『東独にいた』(講談社)は東ドイツ(ドイツ民主共和国)を舞台とした歴史漫画。反体制派の男性と軍人の女性が中心人物である。東ドイツは既に消滅した国家である。このような漫画が登場することに冷戦時代が過去の歴史として見られていることを実感する。

    警察によって家族が突然連れ去られてしまう全体主義国家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年06月24日

    おもしろかった。本オフで1〜5巻セット購入、一気読みした。東ドイツの冷戦のころのストーリーというので、興味をひかれた。かなりリアルな部分の中に、人間兵器として生み出された異能の人々がでてくる。マーベルスーパーヒーロー的。ただし、こういうテーマにありがちな、善悪色分けや色々な思想など読者に対しての押し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    難しい

    ミンネ 2022年06月10日

    フレンダーとアナ。親しい思いを持ちながらも敵同士。数年後は東西統一が現実のものとなる歴史事実を読者は知っている。ベルリンの壁が崩壊するまで彼らは生きていられるのだろうか。生き伸びたとして、その歴史事実を受け入れその後をどう生きていくのだろうか。
    ファンタジーと事実の交錯する物語。正直、ワクワクしな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

東独にいた のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 東独にいた(1)
    704円(税込)
    ベルリンの壁で一つの国が真っ二つに裂かれた世界。 東ドイツ。 社会主義が支配するその国に住むアナベルは、 古本屋を営む青年・ユキロウに密かな恋心を抱いていた。 そして、国家の陰謀が絡む明かせない秘密を。 時代が、思想が、抗争が、二人を別つ壁となる――。 東ドイツに生きた人々を描く本格派歴史劇。
  • 東独にいた(2)
    726円(税込)
    「フレンダーは東洋人である」──。 反政府テロ組織・フライハイトを束ねるリーダー“フレンダー”に対し浮かび上がった疑惑は、 テロリスト殲滅を目指す超人部隊の隊員・アナベルの想い人であるユキロウに向けられた! “正しい世界”を望む反政府組織と“世界の正しさ”を謳う超人部隊が衝突する! 本格派歴史群像劇第2巻!
  • 東独にいた(3)
    726円(税込)
    主義主張の壁が国を裂く東ドイツ。反政府組織の首謀者・ユキロウの投獄を受け、彼の部下たちは奪還作戦に打って出た。フライハイトとMSGが死力と知力を尽くす戦場で、ユキロウとアナは出会ってしまった。二人の関係の行方は――。そして、東ドイツの闇の支配者であり、超人部隊MSGの創設者が動き出す。社会主義の真の在り方を巡り、抗争激化の時代が幕を開ける――。
  • 東独にいた(4)
    759円(税込)
    古書店を営む柔和な青年としてではなく、反政府組織・フライハイトのリーダーとしてのユキロウと対峙したアナ。二人は己の主義を貫くため決別するのだった──。 そして、アナは東ドイツに属す軍人としてフライハイトの拠点と目される、ベルリン大聖堂の地下へと潜入する。襲撃を許してしまったフライハイトにとって短くも苛烈な戦闘が始まる──。
  • 東独にいた(5)
    726円(税込)
    MSGによる拠点の襲撃で多数の戦死者を出した反政府組織は、この状況を打破すべく、標的をフォン・マイザー1人に定めた。彼女の存在さえ消せば、残ったMSGの指揮を執るものはいない。裏の世界で名の通った暗殺者“違う顔”による緻密な計画の下、その襲撃の時が迫る──。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ヤングマガジン サード の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング