許せない男 ~警視庁特殊能力係~

許せない男 ~警視庁特殊能力係~

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。立て続けに、瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…? 一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに! シリーズ一作目『忘れない男』の後日談も収録!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2020年08月27日
紙の本の発売
2020年08月
サイズ(目安)
1MB

許せない男 ~警視庁特殊能力係~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2021年10月18日

    そんなに自分的に面白い‼️って程でも
    ないのだけど、なんか気になって
    読み続けてる 笑
    今週続編出るし。まぁ買うけど

    このレビューは参考になりましたか?

警視庁特殊能力係 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 忘れない男 ~警視庁特殊能力係~
    警察学校を卒業したばかりの麻生瞬。憧れの捜査一課に配属されたが、そこは「特殊能力係」という部署。どうして自分が? 戸惑う瞬だったが、上司の徳永に言われて気がついた。一度見た顔は忘れない、というのはどうやら普通ではないらしい…? 瞬はその記憶力で早速成果をあげはじめるが、なぜか命を狙われるように――。15年前の代議士死亡事故との関係とは!?
  • 諦めない男 ~警視庁特殊能力係~
    一度見た人物の顔は絶対忘れない、新人刑事の麻生瞬。上司の徳永とともに指名手配犯を見つけ出す「見当たり捜査」をおこなっている。そんなある日、浦井という殺人未遂犯が刑期を終えて出所した。浦井は殺せなかった相手を再び狙う可能性がある――徳永の懸念を知り、瞬は協力を申し出る。瞬の「特殊能力」によって、思いがけない形で5年前の事件の真相が明らかに…!?
  • 許せない男 ~警視庁特殊能力係~
    指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。立て続けに、瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…? 一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに! シリーズ一作目『忘れない男』の後日談も収録!
  • 抗えない男 ~警視庁特殊能力係~
    一度見た人の顔を忘れない“特殊能力”を持つ麻生瞬は、その力を武器に配属された『特殊能力係』で見当たり捜査を行っている。そんな瞬と上司の徳永のふたりきりだった『特能』の活躍が認められ、増員の知らせが舞い込んだ。やってきたのは、驚異的な映像記憶能力を持つ関西弁男・大原海。しかし、捜査中の大原は不穏な動きを見せ始め……?
  • 捕まらない男 ~警視庁特殊能力係~
    一度見た人の顔は絶対に忘れない能力を持ち、捜査一課特殊能力係・通称『特能』に所属する新人刑事、麻生瞬。膨大な指名手配犯の顔を記憶し街中で張り込む『見当たり捜査』中、詐欺容疑で見覚えのある男を取り逃がしてしまう。結婚詐欺など数多の被害を出しながら、幾度となく逮捕を免れていることで警察内でも有名な詐欺師の名は藤岡大也。落ち込む瞬だったが、その矢先、藤岡に新たな殺人事件の容疑がかかる。だが上司の徳永は、『奴は殺人を犯すような男ではない』と断言する。徳永と藤岡との間にある因縁とは…?
  • 逃げられない男 ~警視庁特殊能力係~
    一度見た顔は忘れない男・麻生瞬が『特殊能力係』、通称『特能』に配属されて一年。上司の徳永の背を見て学び、刑事として成長できていることを嬉しく思う瞬。一方合コンで惨敗した同居人の佐生はマッチングアプリに手を出すことに。そんな折、瞬と徳永のもとに、かつての同僚・大原海から近況報告が届く。いまは沖縄でサトウキビ農家の手伝いをしているといい、新天地で充実した様子の大原だったが、数日後、東京で起きた大学生傷害事件の容疑者に彼の名が浮上する。状況が分からず心配する瞬。その夜自宅のインターホンが鳴り、そこに立っていたのは逃亡の末に憔悴した大原で……。人気シリーズ、緊迫の第六弾!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社オレンジ文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング