忘れない男 ~警視庁特殊能力係~

忘れない男 ~警視庁特殊能力係~

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
紙の本 [参考] 638円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

警察学校を卒業したばかりの麻生瞬。憧れの捜査一課に配属されたが、そこは「特殊能力係」という部署。どうして自分が? 戸惑う瞬だったが、上司の徳永に言われて気がついた。一度見た顔は忘れない、というのはどうやら普通ではないらしい…? 瞬はその記憶力で早速成果をあげはじめるが、なぜか命を狙われるように――。15年前の代議士死亡事故との関係とは!?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社オレンジ文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年11月15日
紙の本の発売
2019年10月
サイズ(目安)
1MB

忘れない男 ~警視庁特殊能力係~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月27日

    なんと言うことでしょう。
    このあとに続く本は全て読んでいるのに、第1弾のこちらが未読だった……。

    あの事件のあと、などの記載があっても思い出せず、ああ、私は麻生くんと違って覚えられないオバサン……と思っていた。
    確かに既読のものも思い出せないもの多いのだけれども、読んでなかったなら、そりゃ思い出せ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月23日

    めっちゃ好き。二時間サスペンスのえちなしバージョン(笑)高円寺やみとも出てきて大興奮。もっと読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月05日

    この1巻を読まずに2・3巻を先に読んだのか?
    設定をわかった上で2・3巻を読んだ記憶があるので、もしかしたら発売当時に読んでいるのではという気もする。
    が、内容にはあまり覚えがなく、読んでいない2冊の本と同じ場所に隠れて(笑)いたからには読んでいないのかも・・・。

    いづれにしても面白かった!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月01日

    タイトルの通り『忘れない男』でした。一度見た人の顔は忘れないと言う、特殊能力を持つ瞬。特殊能力を持っている事を大したことないと思ってる所が、かなりの天然キャラな瞬。上司の徳永も中々のキレ者で、二人しかいない『特殊能力係』だけど、瞬の能力のお陰で検挙率がかなり上がったのが凄い。テンポ良く読めて、次のシ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月07日

    「一度見た顔は忘れない」そんな特殊能力を生かし街頭に立って指名手配犯を探す捜査に当たる捜査一課新人の麻生瞬。
    子供の頃に経験した幼馴染みの両親の事故死を取材するルポライターが現れ、瞬の回りも事件が起き始め…。

    人の名前も顔も覚えるのが苦手なので、物凄く羨ましい。

    新宿西署の高円寺やミトモなど、愁...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月15日

    憧れの部署に配属されたが、部署は知らない所だった。

    己含めて二人しかいないうえに、やることは
    犯罪者の顔覚え。
    地味に大変そうです。
    派手さはないですが、結局記憶がものをいう場所。
    主人公の特技(?)を考えれば、非常にいい部署かと。

    それを特技とも思わずにいた主人公の家に
    居候している、小説家希...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月14日

    一度見た顔は忘れない、という特殊能力新人警官が思わぬ事件に…。

    特殊能力に頼りすぎた、事件解決までが簡単すぎる。
    もうひとひねり欲しかった。

    このレビューは参考になりましたか?

警視庁特殊能力係 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 忘れない男 ~警視庁特殊能力係~
    警察学校を卒業したばかりの麻生瞬。憧れの捜査一課に配属されたが、そこは「特殊能力係」という部署。どうして自分が? 戸惑う瞬だったが、上司の徳永に言われて気がついた。一度見た顔は忘れない、というのはどうやら普通ではないらしい…? 瞬はその記憶力で早速成果をあげはじめるが、なぜか命を狙われるように――。15年前の代議士死亡事故との関係とは!?
  • 諦めない男 ~警視庁特殊能力係~
    一度見た人物の顔は絶対忘れない、新人刑事の麻生瞬。上司の徳永とともに指名手配犯を見つけ出す「見当たり捜査」をおこなっている。そんなある日、浦井という殺人未遂犯が刑期を終えて出所した。浦井は殺せなかった相手を再び狙う可能性がある――徳永の懸念を知り、瞬は協力を申し出る。瞬の「特殊能力」によって、思いがけない形で5年前の事件の真相が明らかに…!?
  • 許せない男 ~警視庁特殊能力係~
    指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。立て続けに、瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…? 一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに! シリーズ一作目『忘れない男』の後日談...
  • 抗えない男 ~警視庁特殊能力係~
    一度見た人の顔を忘れない“特殊能力”を持つ麻生瞬は、その力を武器に配属された『特殊能力係』で見当たり捜査を行っている。そんな瞬と上司の徳永のふたりきりだった『特能』の活躍が認められ、増員の知らせが舞い込んだ。やってきたのは、驚異的な映像記憶能力を持つ関西弁男・大原海。しかし、捜査中の大原は不穏な動きを見せ始め……?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています