アンチ整理術

アンチ整理術

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ドラマ・アニメ化された『すべてがFになる』や、押井守監督によって映画化された『スカイ・クロラ』を生み出した人気作家による、創造的な仕事術&知的生産のヒント!

最近では「一日に一時間しか作家の仕事をしていない(実際には四十五分)」けれど、これまでの作家生活で350冊以上を執筆し、総収入は20億円を超えています。

シンプルな文体や洗練されたロジックが物語を彩るその作風からも、整った環境で淡々と作品を生み出しているイメージがある著者ですが、実は「書斎も工作室も、主な活動場所は散らかり放題」だといいます。

しかしその一方で、「メモは取らない」「ほとんどのデータは保存しない」などの一見ミニマリストのような習慣もあるそうです。

その独自の整理術の根幹にあるのは“ものを整理するのではなく、自分自身を整理する”という考え方。
本書は、そんな著者による「環境の整理・整頓」と「散らかった自己の整理・整頓」をめぐる知的エッセイです。

・片づけ、整理整頓が苦手で、家や会社で肩身の狭いを思いをしている
・片づけなくても自分は何も困らないのに、親やパートナー・上司などから注意される
といった、整理の必要に迫られている人や、
・30代以上、中堅・ベテランといわれる歳になって、さらに成長したい
・頭打ち感を抱いていて、それを打ち破りたい
など、整理を手がかりにして目指す自分になりたい人に、おすすめの一冊!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
日本実業出版社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年11月08日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

アンチ整理術 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2020年11月30日

    森博嗣氏の整理術に関する本。最後はFになるが衝撃の面白さで、科学、理系という日本では新しい小説の形だったと思う。近年は、もう引退しているようなものとコメントしているが、まだまだ言いたいことは言うぜという気持ちも感じる本。
    整理に関しては、理系的には元気になるという精神的なもの以外に整理の効果はないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月26日

    アンチ整理術。森博嗣先生の著書。片付けや整理整頓についての本は数多く読んだけれどなかなか片付けや整理整頓ができない。片付けや整理整頓ができないと不潔人間、汚部屋人間、ダメ人間のようなレッテルを貼られた気持ちになるけれど、森博嗣先生から片付けや整理整頓なんてできなくてもしなくてもいいと言われると元気と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月11日

    身の回りの整理も大事だけど、自分自身の整理の方が大事。

    大事だと思った事をメモしきれなかったので、再読する事に決定!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年07月09日

    本書は内容違えど、村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』に似てる点が多い。

    まず一つは扱っている題材。答えのあるようなないやうな、具体策が書かれているような普遍的なような、そんな内容が展開されている。そんな内容に対し当たり前だが、著者の文体の持ち味が異なる。村上春樹のはまどろっこしさ1...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月16日

    自分自身を整理整頓する、という発想はこれまで持っていなかったので、軽く目から鱗が落ちる思いだった。但し、立場を決めないというのもなるほどと思った。考えることの重要性を忘れてはいけないということか。
    また、情報過多といわれる現代社会において、人々が得ている情報の薄っぺらさや底の浅さに対する指摘は、痛い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月14日

    作者の森博嗣さんのファンなので読んでみた。
    ビジネス本として捉えるとイマイチな所だが、森博嗣ファンとして彼の思考や美学に触れられて満足。
    シンプルでミニマルなものが流行りだが、それに乗っかっているだけになっていないか?自分は何を大切なものとしているのか?ちゃんと考えてみるキッカケにもなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    「ものは散らかっているが、生き方は散らかっていない。」
    帯に書かれた言葉のとおり、大事なのは方法論ではないという事。自分で考え、自分の好きなようにすればよろしい、と言われた気がした。他者の目を気にせず、シンプルに自由に生きたいと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月20日

    自分で考え自分のやり方を見つけるしかない。片づけにおいても、人間関係においても、生き方においても。そんなメッセージが込められていたと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    片付けにとらわれて疲弊している人向けかな。部屋の整理ができないのが駄目なんじゃない。部屋の整理より頭の中の整理を。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    “明日、自分の好きなところへ出かけて、好きな物をたべてみると良い。それを、誰かに逐一報告したりしない。誰にも自慢したりしない。ただ、自分でにっこりすれば、それで良い”なんか、良いなぁって思いました。部屋は片付きそうにないが、心の持ち方を「考える」取っ掛かりになりそうな一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング