日本社会の歴史 下
  • 最新刊

日本社会の歴史 下

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

自律的に進展する社会と「国家」とのせめぎあいの前近代史を、社会の側からとらえなおす通史の完結編。下巻は南北朝の動乱から地域小国家が分立する時代を経て、日本国再統一までを叙述し、さらに近代日本の前提とその問題点を提示。17世紀前半、武士権力によって確保された平和と安定は列島社会に何をもたらしていくのか?(全3冊)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
188ページ
電子版発売日
2019年10月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

日本社会の歴史 下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年11月15日

    建武新制に貨幣経済の萌芽を見出すところが、斬新であり網野善彦の史観の中心でもある。日本を農業国でないとした網野善彦は、土地に経済基盤を置く史観から、新しい史観を提唱したと言えるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月14日

    [ 内容 ]
    社会と「国家」とのせめぎあいの前近代史を、社会の側からとらえなおす通史の完結編。
    下巻は南北朝の動乱から地域小国家が分立する時代を経て、日本国再統一までを叙述し、近代日本の前提とその問題点を提示。
    十七世紀前半、武士権力によって確保された平和と安定は列島社会に何をもたらしていくのか?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月21日

    なんとなくの日本史に対する思い込みを覆してくれる、刺激的な瞬間が何回かありました。面白いです。おすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月04日

    建武の新政から江戸初期まで。その後は最終章で簡略に語られるのみ。高校日本史程度の知識が無いと読み通すのに手こずるかも。最終章最終節を先に読んでおく方が網野史観を理解し易い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    鎌倉から現代まで。
    上巻の前書きで述べられているように、江戸以降は著者の専門の関係からか駆け足で片づけられている。
    一方、室町時代の列島の風俗についての記述は著者の本領というものを感じさせた。

    天皇、貴族、武士、農民。これで日本列島の歴史の大部分を片づけてしまうことを、著者は強く拒んでいる。神社、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月28日

    さすがに近世からの記述は弱いか。
    しかし、被差別民の問題は統一支配との関連で記述しているところは流石。
    江戸時代にムリクリ石高による支配をしてしまったため、その弊害が明治以降に持ち越されてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月07日

    下巻は建武の新政の失敗から江戸初期まで。個人的に、織豊期以降はあまり興味がないのだけど、こういう社会史として見るとなかなか面白い。武将が切った張ったしてるだけが歴史じゃないし、それよりもっとたくさんの無名の人々の営みがあって社会というのは動いていくんだなと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月29日

    江戸時代というより義満死後以降なのかな、本書でも急に内向きの描写に様変わり。日本人が好きな戦国時代の描写って詰まるところ内輪揉めやからなぁ。
    戦国時代を鉄砲とかキリシタンみたいな観点でなく、徹頭徹尾商業の観点から眺め直すと面白いような気がする。って全く根拠も何もないから全くもって無責任な素人考えです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

日本社会の歴史 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 日本社会の歴史 上
    858円(税込)
    現代の日本・日本国は、いかなる経緯をへて形成されたのか-。周辺諸地域との海を通じた切り離しがたい関係のなかで、列島に展開した地域性豊かな社会と、「国家」とのせめぎあいの歴史を、社会の側からとらえなおす。著者10数年の学問的営為の結実した本格的通史。上巻は列島の形成から9世紀まで。(全3冊)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 日本社会の歴史 中
    858円(税込)
    自律的に進展する社会と「国家」とのせめぎあいの前近代史を、社会の側から捉えなおす通史の続編。近畿を中心とした貴族政権日本国-朝廷と、武人勢力によって樹立された東国王権。この2つの王権の併存と葛藤の中で展開する活力溢れる列島社会の姿を描く。中巻は10~14世紀前半、摂関政治から鎌倉幕府の崩壊まで。(全3冊)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 日本社会の歴史 下
    836円(税込)
    自律的に進展する社会と「国家」とのせめぎあいの前近代史を、社会の側からとらえなおす通史の完結編。下巻は南北朝の動乱から地域小国家が分立する時代を経て、日本国再統一までを叙述し、さらに近代日本の前提とその問題点を提示。17世紀前半、武士権力によって確保された平和と安定は列島社会に何をもたらしていくのか?(全3冊)
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています