大江戸の飯と酒と女

大江戸の飯と酒と女

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 891円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

泰平の世を謳歌する江戸は、飲食文化が花盛り! 田舎者の武士や、急増した町人たちが大いに楽しんだ。武士の食べ歩き、大食い大会の様子、ブランド酒、居酒屋の誕生、出会い茶屋での男女の密会──。日記や記録などで、100万都市の秘密を明らかにする。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
248ページ
電子版発売日
2019年10月11日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

大江戸の飯と酒と女 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月26日

    江戸時代の食べ物について詳細な報告で、当時の人の生活が垣間見れる.特に面白かったのは将軍の御成で、大名が接待する状況が詳細に述べられている.何を食べたか、何を見たか.現代の人々が食べているものと比べると、それほど豪華なものではないが、一般の人から見るとすごい料理だったのだろう.独身の男が多かった江戸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月22日

    <目次>
    プロローグ
    第1章  <飯>花開く食文化の舞台裏
    第2章  <酒>幕府と居酒屋と料亭と
    第3章  <女>百花繚乱、色恋の秘密

    <内容>
    江戸時代の庶民の生活については多くの本が出ているが、それをうまくつなげた感じの本。外交使節の食事の話や「寛政三美人」の詳しい説明はあまりなかった気がする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています