凍結捜査

凍結捜査

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
紙の本 [参考] 968円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

北海道大沼で雪の中から、平田という男の射殺体が発見された。函館中央署の保井凜は、平田に暴行されたと被害届が出ていたことを思い出す。早速、被害者の珠希を訪ねると、姿を晦ましていた。進展なく迎えた初夏、東京で女の射殺体が発見される。凜は、警視庁の神谷と捜査を進めていくが……。連続殺人の狙いは金か怨恨か? 巧妙に計画された重大犯罪に熱き刑事魂の捜査チームが挑む。待望の「検証捜査」兄弟編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
520ページ
電子版発売日
2019年09月06日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

凍結捜査 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月10日

    既読本にないが、一作目の検証捜査は読んだ記憶が。北海道で後ろから頭を撃ち抜かれた死体が。それが国際的犯罪に繋がっていく。シリーズは5作あるようなので、他作品も読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月26日

    読んでいて段々と前作を思い出してきた。起承転結しっかりしていて単純でもなく複雑すぎることもない。ちょうど良いバランス。次回作への伏線ありありなので期待したい。2人の関係にも注目。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月21日

    作者の術中にハマったような気がする。事件そのものはモヤモヤしっぱなしで終わったが逆にそれが現実的な感じがして良かった。レギュラー陣の今後に期待。ただキーワードの『ロシア』に気がつくのになぜこんなに時間がかかってしまったのかは疑問。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月29日

    捜査シリーズ第4弾。
    「検証捜査」でチームを組んだメンバーが順番に主役を務めるこのシリーズ、トリは北海道警(現在は函館中央署勤務)の保井凛。
    今作は、警察小説+恋愛小説の感がある。このシリーズの主人公ともいえる警視庁神谷刑事は、いつのまにか凛のマンションの部屋のカギを持つ仲となっている。
    函館で起き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    検証捜査でチームを組んだそれぞれが主人公を飾る、シリーズ5作目。冬の北海道と梅雨の東京で起きた殺人事件が、実は根っこで繋がっていた。それを恋愛関係にある神谷と凛が2人で一緒に捜査する展開。2人の微妙な恋愛感情も絡まっていて、事件・2人の関係と倍楽しめた。
    このシリーズには、先のチームで一緒だったメン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    北海道大沼で雪の中から、平田の射殺体が発見された。函館中央署の保井凛は、平田に暴行されたと被害届が出ていたことを思い出す。早速、被害者の珠希を訪ねると、姿を晦ましていた。進展なく迎えた初夏、東京で女の射殺体が発見される。凛は、警視庁の神谷と捜査を進めていくが…。連続殺人の狙いは金か怨恨か?巧妙に計画...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    「検証捜査」から続くシリーズ。
    多分、この「凍結捜査」で「検証捜査」のメンバー全員が主役となったので、これで完結するはず。
    今作の主役は唯一の女性だった凛。札幌の本部から函館中央署に異動になり、その冬、大沼公園で後頭部を2発、拳銃で撃たれた遺体が見つかる。その被害者が札幌時代に凛が手掛けた暴行事件の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月28日

    11月-16。3.5点。
    検証捜査シリーズ。函館で男性が後頭部から2発銃撃され死亡。被害者は以前婦女暴行の疑いが。
    婦女暴行の被害者が、同日に行方不明に。

    単純に思われた事件が、ロシア絡みの複雑な事件に。
    読みやすくスピード感あり。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています