0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための

0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

●気合では動けない。腹落ちして動きたい人のための「高速」で「正しく」動く方法

「早く動いたほうがいい」のは、わかってます。でも、なぜか動けない。
「さあ動こう」「早くやらなきゃ」と思っても動けないのは、心配があったり、自分が納得いっていないから。
結局、すぐ動ける人と動けない人は、「頭の使い方」が違うのです。

「気合」や「メンタル」で頑張っても、途中で疲れてしまうし、行動が習慣化されません。
そもそも、腹落ちして納得していないと、前向きに動くことなんてできないのではないでしょうか?
本当は「行動力」は、「スキルとマインド(気合)」で成り立つもの。本書では、すぐ動くための「マインド」だけでなく、「スキル」を紹介します。

●「直感」から一瞬で「腹落ちできる仮説」にする
・行動が早い人はなぜ、早いかというと、「直感→仮説→行動」のサイクルが早いから。きちんと「軸」があるからこそ、すぐポジションがとれるようになるし、さらに成長もできるのです。「直感と行動」を論理的につなぎ「早く正しく動く」ための方法が満載です。

●他人の反応が恐くなくなる
いざ動くときに恐いのは、他人の反応でもあります。そんな不安感を解消するために、他の人の反論もうまくまとめてしまう方法も紹介。
仕事の現場で培ってきたノウハウも公開しています。

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年08月26日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月13日

    結論を出せ、一歩踏み出す、人を動かす、自分を動かし続ける「軸」を持て。前向きな気持ちですぐに行動に移せるワザ。

    仕事の進め方に関する内容。考え過ぎて、また完璧を求めて行動に移せない人に向けた、行動力と直感を磨く方法を示す一冊。

    「β版」を出すこと、直感から仮説を導き出して動き、修正していくことを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    早期の仮説構築と始動のための手法を学ぶため、読みました。本書の内容を一言でいうと「志、妄想、好奇心を仮置きし、行動してから学ぶ」です。動いていくうちに見えるものがあるというメッセージ、非常に心強かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月29日

    <関心の輪を広げる>
    ・思考を「結論と根拠のピラミッド」で考える
    ・行動や言動、日々の活動を振り返る時間を10分で良いので設ける
    ・プレゼンの最初の1枚は「大きな目的」にする
    ・視座を会社目線で考える
    ・相手の意見を「結論と根拠のピラミッド」で考えて、相手の言葉を構造化して考える。

    目指すべき姿
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    前作の1分で話せに続き今回もかなり読みやすい内容だった。感情論、精神論的な話になると結局気持ちか、と思う人も多いとは思うが、実際に0秒で動くくらい行動力を高めるには左脳的なロジックや手法論ではなく右脳的な自分の志、価値観を持つ事がいかに大事かが分かる本でもあった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月26日

    最近、PDCAサイクルの重要性について学ぶことが多くある。
    そして、この本もそんなPDCAサイクルの重要性を教えてくれた。
    たくさんサイクルを回すためにとりあえず動け!動くためにはこんなマインドが重要、といったDOに焦点を当てている。
    実際、PDCAサイクルの中でDが一番難しいポイントであると思う。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月01日

    感性から仮の結論を持って、すぐに動く。全て調べてから動くのではなく。人に説明して動いてもらうときの工夫など。シンプルなことばかりで、なにもトリッキーなことは書かれていないが、実践することは必ずしも簡単なことではないと思う。でも少しづつでも変わることができるかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月02日

    1.
    "全ての答えは自分の中にあるのだ"
    そんな自信を与えてもらいました。

    ・会議で発言を躊躇う
    ・上司に対して意見が言えない
    いずれも経験不足などの理由で陥りがちなシチュエーションだと思いますが、
    それでも自分なりの仮説を出すことに意味があるのだと、
    本書を読んで真に理解する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月11日

    本題の前にある「わかっているけど動けない人のための」という言葉にひかれて読み始めた。

    「結論を出せ」「一歩踏み出せ」「人を動かす」「軸を持て」の4章で構成されている。

    確信がない中で動かなくてはいけないことが多くなる中で、
    ・動ける人と動けない人は何が違うのか
    ・わかっちゃいるけど動けない時にど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月09日

    前作「1分で話せ」が好印象だったので期待を持って読んだが、今作も同様にとても良かった。石橋を叩いて渡りがちな人こそ知っておきたいメソッドが体系的にまとめられている。大きく分けると前半は素早く行動するためのコツ、後半は人を動かすノウハウがそれぞれ書かれているが、ビジネスに限らずプライベートでも使える内...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月19日

    筆者は、すぐに行動するためには、①自分なりの結論を着装し、②仮説を組み立て、③自信を持って踏み出す、のが重要だといってます。
    ①の結論がなければ、自分たちがどちらの方向に進んでいけばよいか分かりません。また②の恐らくこうであろうという仮定を立てなければ意思決定をする際の判断材料が足りず、結論が出ませ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための に関連する特集・キャンペーン