ソフトウェア・テストの技法 第2版

ソフトウェア・テストの技法 第2版

作者名 :
通常価格 3,520円 (3,200円+税)
獲得ポイント

17pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

1979年に発行された『ソフトウェア・テストの技法』は、「作ったソフトウェアが意図した通りに動き、意図していないことはしないようにするにはどうしたらよいか」という、もっとも根本的な問題を扱っており、四半世紀にわたって読み継がれる、この分野の古典となっている。
 第2版では、インターネット時代に合ったソフトウェアの品質を確保するため、第8章を全面的に書き換え、第9章と付録を新たに追加した。

ジャンル
出版社
近代科学社
ページ数
239ページ
電子版発売日
2019年08月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
51MB

ソフトウェア・テストの技法 第2版 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年05月12日

    ざっと一読。基本的なことが各章毎に体系的に説明されていて、なかなかの良書だと思う。これを実践に活かせるように何回か読み込まないといけないなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月30日

    1979年に原著が出版されたとは思えないほどの名著です。ソフトウェアテストの本で本書を参照していない物は無く、まさに必読の一冊と言えるでしょう。冒頭の「プログラム・テストの心理学と経済学」の章で、MYERSはソフトウェアのテストが人と効率性の2つの面から論ずる必要があるとしています。それは、今でもソ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ソフトウェアテストの古典であり、名著といわれる本。1970年代の発売であるが、今でも教科書として名前が通る。マイヤーズ本。僕は茶色の初版を持っているが、黒い第2版はEコマース関連の章が追加されているらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月03日

    初版は1979年にかかれた名著。
    和訳がとんでもなく酷いので読みにくい。
    ただし内容は立派に今でも通用する内容といえる。
    特に第二章のプログラムテストの心理学と経済学が面白い。

    第七章にあるデバッグとは殺人事件を解決するのと同じという記述に思わずそうそうと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年03月10日

    ソフトウェアの試験には、いろいろな技法がある。
    基本的な技法について紹介している貴重な本である。

    絶版になっていたが第2版がでたため、幅広くソフトウェアの試験プログラムをどう書けばいいかを考えるきっかけを与えてくれる。

    プログラムを書いて試験プログラムを書いていなかった人、
    なんとなく試験プログ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています