ことばにできない宇宙のふしぎ

ことばにできない宇宙のふしぎ

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

星はなにでできているの? どうしていつも私の上に雨が降るの? 時間っていったいなに? 10万部突破のベストセラー『翻訳できない世界のことば』の作者が贈る、小さな美しい科学絵本。私たちの世界を司る宇宙の原理や法則、自然の中にある不思議について、科学的な知識を織り交ぜながら詩情豊かな文章で綴る。みずみずしい感性で捉えたイラストと共に、読む人を日常から広大な宇宙の旅へと誘う。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
創元社
ページ数
160ページ
電子版発売日
2019年07月26日
紙の本の発売
2019年07月
サイズ(目安)
62MB

ことばにできない宇宙のふしぎ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年12月02日

    宇宙や原子のことなど理科の教科書でしか見たことのないことがちょっとずつ小話で物語のように書かれていました。
    ふーん、そうなんだーと純粋に思えました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月19日

    とても優しくて素敵な文章たちによって、宇宙の神秘の断片を知ることができる。奇跡のような偶然、あるいは、必然によってこの宇宙は成り立っている。サンダースさんの他の本も読んでみたいと思う。古代エジプト文明も1時間の長さが季節によって変化する不定時法だったそうで(江戸時代の日本で使われていたのは知っていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    題名から宇宙の色々なのかと思って読んだのですが、宇宙に限らず宇宙を構成するもの、太陽系と地球、地球上の様々な事象、人間、動物、植物…
    読んでいると心安らぐように納得できます。しかし私の能力では、それを他の人に同じく説明してあげられない事が情けない。
    イラストも良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月06日

    小さい頃、宇宙や自分という存在について考えると怖くなっていた。自分が自分であると認識している人物は本当に自分なのか。自分はどこから来てどこへ行くのか。存在するって何。
    成長に伴いしばらく考えることはなかったけれど、この本を読みながら久しぶりにあの感覚が現れた気がする。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング