春秋戦国志(上)

春秋戦国志(上)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

中国故事名言の9割以上を産んだとされる春秋戦国時代は、また、国家形態の原型が造られ、諸子百家などすぐれた思想家を輩出させた、世界的に稀有な時代でもあった。その550年を軽妙につづる、出色の歴史物語。本巻は東周王朝成立から、管仲、鮑叔が大活躍する斉桓公の「覇王時代」までを描く。(全3冊)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
406ページ
電子版発売日
2019年07月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

春秋戦国志(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    戦争は文明の進化をもたらす。それを証明するような春秋戦国時代。550年に及ぶ戦国時代はさまざまな思想家が生まれた時代だった。古代中国はエネルギーがあっておもしろいですw

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月11日

    筆者が言い切る「春秋戦国時代は、中国4千年史におけるただ一度の黄金時代」という歴史感にはただただ、共感。

    かくのごとく、伸びやかにしたたかな時代をよく捉えていると思う。

    しかし、乱世ゆえ登場人物が多いのが難点。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月06日

    読み物としてはなかなか面白い。
    ただ、著者がなんと言おうが『十八史略』をもとにした時代小説であることに変わりはないので、これをもとにして史実は語れない。
    たとえば、有名な言葉に「臥薪嘗胆」という言葉があるが、これは『十八史略』に出てくる宋代あたりに流行った造語なようで、『史記』や『呉越春秋』などの歴...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    春秋戦国時代の有名な人物たちを、年代順に順々に取り上げる。春秋戦国時代の入門、おさらいにもってこいの作品。人によってはこの著者の人物造形が馴染めないこともあるらしいが、私は何の問題もなく面白く読むことが出来た。
    でも上巻冒頭の美女講釈は読み飛ばしたほうがいいかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月14日

    寡作の奇才安能務の春秋戦国史。上巻は祭足と管仲の二人の宰相を軸に展開する。中巻から諸子百家と晋の隆盛ですかね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年03月29日

    <上中下3巻を通してのレビュー>

    中国故事名言の九割以上を産んだとされる春秋戦国時代はまた、国家形態の原型が造られ、諸士百家などすぐれた思想家たちを輩出させた、世界的に稀有な時代でもあった。
    その五百五十年を軽妙に綴る出色の歴史物語。


    春秋時代・戦国時代に関する事柄を一通り読み終えてから本作を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

春秋戦国志 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 春秋戦国志(上)
    880円(税込)
    中国故事名言の9割以上を産んだとされる春秋戦国時代は、また、国家形態の原型が造られ、諸子百家などすぐれた思想家を輩出させた、世界的に稀有な時代でもあった。その550年を軽妙につづる、出色の歴史物語。本巻は東周王朝成立から、管仲、鮑叔が大活躍する斉桓公の「覇王時代」までを描く。(全3冊)
  • 春秋戦国志(中)
    880円(税込)
    中原の覇者たらんとして、諸国の王たちは虎視眈眈。強大国、弱小国それぞれの立場で、権謀術数の限りが尽くされる。非情で酷薄なこの時代には、骨肉の情すら許されない。そして王たちの政治学の拠りどころとなる諸子百家がにぎにぎしく登場するが、彼らの運命も時勢に翻弄される! 乱世最高潮の巻。中原の覇王をめざす酷薄な政争は極みに達し、孔子ら諸子百家の出現を促す!(全3冊)
  • 春秋戦国志(下)
    880円(税込)
    治乱興亡の500余年も、考えてみれば、中央集権国家を産むための厳しい模索期間だった。紀元前256年、有名無実の東周王朝が完全に亡び、その25年後に秦王政が天下を統一する。彼こそ、世界最古の帝国を築いた始皇帝である。そして諸子百家の思想は、以後東洋を支配する。秦始皇帝によりついに動乱の歴史は閉幕。国家とは何か?を考える、世界史上まれな壮絶の時代を描く、壮大物語ついに完結。(全...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています