三国演義 第一巻

三国演義 第一巻

作者名 :
通常価格 720円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本当の面白さが味わえる決定版「三国演義」!劉備は単なる"仁"と"義"の人ではなかった――。中国人の生活と発想の根底に横たわる、道教の視点を導入し、物語の歪みを糾(ただ)す初の試み。これまでの儒教臭の強い描写を改め、英雄豪傑が等身大の姿で、生き生きと甦える。これぞ痛快無比の三国志の世界。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年06月17日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2008年11月29日

自分にとって初めての三国志本。

普通の三国志演義とはやや違うとこもあるが、そこがこの作品の独自のテンポ感を生みだしている。


特に前半の曹操の覇権の拡大の過程は読んでいて、わくわくさせられる。劉備陣営の独特の侠的関係も良い。

原作を改変しすぎず、なおかつ爽快感をより出している良作。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年11月05日

中国の書籍を多数、翻訳されている安能先生が書き下ろした読み応えたっぷりの三国演義。いつも呵々大笑している曹操、孫策対太史慈の長ぁい一騎打ち、長坂あたりから一気呵成に盛り上がる劉備陣営、姜維の返し弓…等など心に残る描写が盛りだくさん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2005年08月06日

文章の端々に飛び出す一言が限りなく素敵。三国志ファン必携の書。劉備をバッタと言い切る漢ぶりに惚れる私は曹操ファン。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月10日

「封神演義」の安能さんということで、けっこう宝貝がとびかう妖怪大戦争みたいな「クワン」みたいな三国志を期待していたのですが、けっこう普通。

うーん、これこそ正しい「演義」という感じなのかなぁ。
人の思いのこまかいところは、安能版らしく、ちょっと皮肉な感じですが、ストーリーの運びは、めちゃくちゃオー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月28日

私が三国志にはまったきっかけとも言える一冊。

確か初めて読んだのは小学生~中学生の間だったと思います。
おかげで漢字が物凄く強くなりました・・・。

漢詩や漢文もたまに出てくるので、
ちょっと本格的な中国の歴史小説です。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play