幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える

幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える

作者名 :
通常価格 1,527円 (1,389円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

はじめに

1章 幸福学が経営を変える
第1節 なぜ幸福を研究するのか
■SNSで“炎上”した、幸福に関するひとつの質問
■「それ、何の役に立つの?」――科学技術の進歩に疑念
■幸せの姿は多様でも、幸せに至るメカニズムは共通
第2節 知っておくべき幸福学の基本
■幸せの定義
■幸せを測る
■何が人を幸せにするのか――地位財と非地位財、フォーカシング・イリュージョン
第3節 幸福になるメカニズム――幸せは4つの因子から
■因子分析とは何か
■やってみよう!ありがとう!なんとかなる!ありのままに!
■大切なのはバランスと全体
第4節 社員を幸福にする「ホワイト企業」の秘密とは
■働く人の幸せこそ企業や社会の成長の源泉
■ESは時代遅れ!?業績は社員幸福度に比例する
■やりがいという“幸せの青い鳥”を探して
■いきいき、のびのび、すくすく――ホワイト企業の3つの因子
■ホワイト企業はブラック企業よりも儲かるのか

2章 働く人の幸せを追求する ホワイト企業大賞受賞企業の物語
■西精工株式会社(徳島県徳島市)
社員の幸せを追求した大家族主義的経営で
「人生最後の日まで出社したい」と思われる会社に
■ぜんち共済株式会社(東京都千代田区)
「社長はいてもいなくても同じ」と言われるほどの
オープンでフラットな風通し経営
■有限会社アップライジング(栃木県宇都宮市)
「人の成長が何よりうれしい」
会社は家族に誇れる人間力大学校
■ダイヤモンドメディア株式会社(東京都港区)
人が本来持つ力を引き出す
上司も部下も理念もないホラクラシー経営

3章 これまでの経営学 これからの経営学
第1節 経営学とはどんな学問か
■経営学の出発点 「テーラーイズム」
■経営学の系譜
■経営学が生んだ3つの病
第2節 これからの経営学はどこに
■存在を掘り下げる経営
■利を追わない経営
■苦悩を味わう経営
■これからの経営学に向けた4つのヒント

4章 ホワイト企業への道 ――The White Company Way
第1節 ホワイト企業とは
■ホワイト企業大賞の発足
■ホワイト企業を目指して歩き続けるために
第2節 日本型経営の再発見
■自由闊達だったソニーがアメリカ流合理主義的経営で凋落するまで
■フロー経営を生んだ日本型経営
■日本型経営の本質をとらえたアベグレン
■日本独自の経営を探求し、世界をリードしていく
第3節 ホワイト企業大賞の概要
■ホワイト企業への道をともに歩む、ホワイト企業大賞の活動
■第1回から4回までのホワイト企業大賞 表彰企業

むすび

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
内外出版社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2019年07月05日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

幸福学×経営学 次世代日本型組織が世界を変える のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    就職してから、どうせ仕事するならば成果を上げて評価されたいと頑張ってきた。評価されれば仕事が楽しく幸せになると思い込んでいたけれど、そうはならなかった。その理由が本書を読んでわかり、納得できた。評価されたその一瞬は嬉しくても、それは毎日の仕事の楽しさには繋がらないものだったのだ。

    ではどうしたら幸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月07日

    タイトル通りの内容。
    共著のためやや焦点がぼけている印象。

    前野先生の幸福学の本を別途読むこと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月11日

    事例のひとつから「安心してサボれる職場づくり」「自分の苦労の主人公になる」のくだりが子育てや家庭づくりにも繋がると深く共感。人はもっと弱さをさらけ出して、人らしく生きればいい。その権利がある。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    新年やっとクリアした1冊め、ホワイト企業の事例はどれも泣ける星5つです!
    利益はあくまで結果であり、目的にしてはいけないんだと感じました。

    ------ここから気になったフレーズ
    「会社が儲からなければ社員を幸せにすることもできない」
    という場合、利益の追求による業績向上が「原因」で、社員の幸せ実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています