銀河核へ 下
  • 最新刊

銀河核へ 下

作者名 :
通常価格 1,119円 (1,018円+税)
紙の本 [参考] 1,144円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

銀河共同体(GC)に加盟することになった未知の種族トレミ・カ。貴重な資源を産出する彼らの宙域と、GCセントラル領域を繋ぐ超光速航行用“トンネル”の建設、という大仕事を受注した宇宙船〈ウェイフェアラー〉は、一標準年近くにおよぶ長く賑やかな航海を続けていた。訪れる天体の信じられない光景や、様々な異星種族の生態──訳あって火星を逃げ出してきたばかりの新人乗組員ローズマリーにとっては、すべてが驚きの連続だ。彼女らはいくつもの危機を乗り越えながら、銀河系中心部(コア)にある目的地の惑星をめざす。はたして、そこで待ち受けるのは?

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元SF文庫
ページ数
337ページ
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

銀河核へ 下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月26日

    大団円とまでいかない感じの終わり方。
    冒険は続く、な感じもないし…

    なんつーか、スパロボをプレイしているような感じの話の進み方ですね。
    シナリオ毎に当事者が変わって、イベントが発生してトラブルをクリアするとステータスが上がる、ようなことを繰り返す、と。
    まぁ、今様、なのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

銀河核へ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 銀河核へ 上
    1,119円(税込)
    故郷を失った地球人類は、多様な種族が共存する銀河共同体(GC)に加盟を許され、弱小種族ながら繁栄を享受していた。宇宙船〈ウェイフェアラー〉は、超光速航行のためのワームホール、通称“トンネル”建設専門の作業船である。多種族混成の寄せ集め乗組員とつぎはぎだらけのこの中古船に、GC政府から突如舞い込んだ大仕事──銀河系中心部(コア)への新航路となる長距離トンネルを掘れ、というのだ! ...
  • 銀河核へ 下
    1,119円(税込)
    銀河共同体(GC)に加盟することになった未知の種族トレミ・カ。貴重な資源を産出する彼らの宙域と、GCセントラル領域を繋ぐ超光速航行用“トンネル”の建設、という大仕事を受注した宇宙船〈ウェイフェアラー〉は、一標準年近くにおよぶ長く賑やかな航海を続けていた。訪れる天体の信じられない光景や、様々な異星種族の生態──訳あって火星を逃げ出してきたばかりの新人乗組員ローズマリーにとっては、...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています