ペット・ショップ・ストーリー
  • ptバック

ペット・ショップ・ストーリー

作者名 :
通常価格 723円 (658円+税)
紙の本 [参考] 726円 (税込)
獲得ポイント

292pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

東村アキコ氏絶賛「不倫の漫画を描くのに、とても参考になりました」
女が本当に怖くなる11の物語。

理由あって、都会から実家に戻った「私」は、年老いた母とペットのマルチーズと暮らしている。
時どき立ち寄るペットショップの女主人・中山圭子は、犬や猫をあやしながら、さり気なく飼い主から話を聞き出すのが得意。
圭子のもたらす情報が、「私」のどす黒い過去を甦えらせる――。

表題作ほか、婚期をのがした娘の子宮切除手術の前夜、娘の傍らで眠る父の悲哀と甘やかな妄想を描く「初夜」。
バーで独り飲む女にバーテンダーが語った奇妙な体験「眠れる美女」。
可愛かった妹の人生が低迷してゆくのを見守る兄の心理「いもうと」。
初めての不倫にふみだす妻のためらい「春の海へ」。
故郷の町に戻ってきた三人の女たちに渦巻くねたみと憎しみ「帰郷」など、10篇の恋愛官能小説集。


解説・東村アキコ

*本書は2005年6月に文藝春秋より刊行された文春文庫『初夜』を改題し、解説を加えた新装版です。収録している短篇は同じです。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年06月06日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ペット・ショップ・ストーリー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月16日

    面白いけど、後味は悪いかも。
    作者は中年の女の嫌な所や汚いところを知り尽くしていて、人生経験豊富なんだろうなと思った。
    年取るのが怖くなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月09日

    林真理子さんらしい、ドロドロしていて怖い(ぞっとする)物語だったのですが、不倫などの描き方が古臭くてうんざりしました。でもまぁ、「この作品は2005年6月に刊行された文春文庫「初夜」を改題した新装版です。」とのことなので、その時代はこんな感じだったのかなと。
    好感が持てる登場人物がいなかったこともあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月28日

    ここまで時代が止まってるのもすごい、と思ったら20年前の話か。面白くないわけではないけど、ほぼ胸糞悪い話ばかりだった。バブルに生きなくて良かった…。完全に違う世界の人だけど、一定の需要はあるんだろうなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています