パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平

パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平

作者名 :
通常価格 638円 (580円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人気の脳研究者が「もっとも気合を入れて書き続けている」週刊朝日の連載が待望の文庫化。右手を握ると記憶力がアップする!? など、知れば知るほど不思議な「脳」と科学の最新知見。本書の装丁も手掛ける寄藤文平さんとの文庫版特別対談も収録。

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年05月31日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月10日

    人間の脳の働きをとても楽しく愉快に、様々な研究事例をもとに解説してくれる。著者池谷氏の知識習得量に圧倒された。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月21日

    パテカトルの万脳薬 脳はなにげに不公平
    著:池谷 裕二

    パテカトルはアステカ文明の神話に登場する神である。酒の神、ひいては「薬」をつかさどる神として古代メキシコで崇められていた。その謎めいた存在が、脳そのものの不思議さを彷彿とさせ、薬学部で脳の研究をしている著者には、とくにお気に入りの古代神であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月20日

    脳科学にまつわる様々な知見を、日常の風景や出来事、なんとなくの思いなどと組み合わせて、書かれた本です。脳科学本は自身の主張を展開するために都合がよい研究のみを採用したり、内容が同じものになりやすかったりしますが、そういうことはなく、著者の興味が幅広いためか、初めて聞く内容が多く、興味深く読めました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月02日

    脳と心の関係は早く解明されてほしい。

    本のタイトルにもなっている「不公平さ」が安定した状態だというのはなんとなく納得する

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています