池上彰が聞く 韓国のホンネ

池上彰が聞く 韓国のホンネ

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

徴用工問題にレーダー照射問題……。
なぜ、日本と韓国はいつもこじれているのか?
日本は、これからどう付き合っていけばいいのか。
池上彰が現地を歩き、丹念に取材してわかった
韓国の頭の中。
今さら聞けない朝鮮半島の複雑な歴史背景から
北朝鮮やアメリカとの関係まで、時事問題もやさしく解説。

第1章 韓国と北朝鮮の歴史を変えた一日
レーダー問題とは何だったのか?
北朝鮮の融和姿勢の鍵
穴だらけだった経済制裁
北朝鮮が核兵器を完成させた本当の理由
外交の勝者はどっち?
韓国と北朝鮮の歴史的な会談
平和協定をめぐる複雑な思惑
板門店宣言の画期的な文言
うやむやになる可能性も?
文在寅大統領の北朝鮮へのシンパシー
ルポ・燃える韓国、矛先を間違えては

第2章 駆けひきに揺れる朝鮮半島
翻弄されたトランプ大統領
「リビア方式」という禁じ手
「非核化」の工程表は?
ハノイ会談の決裂はなぜ?
北朝鮮、約束破りの歴史
韓国と北朝鮮、統一はあるか?
「強い朝鮮」への願望
金委員長と文大統領はベンチで何を話したか?
強硬路線の日本は置いてきぼり?
安倍政権だからこそできること
ルポ・「美女軍団」、韓国で感じたもの美女軍団」、韓国で感じたもの

第3章 朝鮮戦争とは何だったのか
ルポ・軍事境界線にて―北朝鮮の虚勢に振り回される世界
二つの国はなぜ分断されたのか
日本人が知らない朝鮮戦争の実態
戦争はどちらが仕掛けた?
連軍の介入
北朝鮮が掘った南侵トンネル
潜水艦でやってきた北朝鮮兵士
戦争はまだ続いている
ルポ・南北隔てる非武装地帯に咲く花

第4章 なぜ韓国の政治は感情的に見えるのか?
なぜ韓国の大統領は決まって罰せられるのか
感情で法律が動く?
民主化運動の成功体験
軍事クーデターはなぜ起きたか
軍事政権時の空気
ルポ・五輪の風、韓国をどこへ運ぶ

第5章 日本と韓国はなぜ仲が悪いのか?
ルポ・少女と徴用工、像からのぞく変化
憲法前文に見える「日本嫌い」
統治時代に対する認識のズレ
日本は被害者? 加害者?
慰安婦像を守る女性のホンネ
竹島は、どちらの国のものなのか?
関係を悪化させた韓国の竹島上陸
データで見る、関係改善のために必要なこと
それでも「日本に行きたい」
慰安婦問題の解決法にみる韓国の情緒

第6章 韓国の厳しい格差社会
ルポ・生きづらい、悩む韓国の若者
生きづらいのは若者だけではない
財閥がつくる格差の実情
「ナッツリターン」「水かけ姫」騒動は何を表すか
ルポ・めぐる聖火、熱気は起きるか

第7章 韓国と日本の未来――どう付き合っていくべきか
ルポ・平昌高校、日の丸を作る理由
「日本の統治時代はよかった」?
「昼は反日、夜は親日」
徴用工問題にみる韓国のホンネ
統治時代を肯定することの危うさ
歴史を知ることから始めよう
韓国人に望むこと
ルポ・ボランティアの学生も「日本代表」
ルポ・おもてなし、東京への教訓

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
朝日新聞出版
ページ数
224ページ
電子版発売日
2019年05月31日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

池上彰が聞く 韓国のホンネ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月07日

    「困った隣人」としての印象が強い韓国。
    なぜ困っているかというと、彼らの主張
    が一方的だから。

    なぜ一方的なのかというと、日本人は
    彼らに反論できるだけの歴史に対する
    知識がないから何も言えず、「一方的」
    と思ってしまう。

    最近になって現代史の重要性は高まって
    きていますが、まだまだ十分とは言え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月24日

    2018年平昌オリンピックの開催の前に韓国で取材したルポルタージュを本にまとめたもの。最新の情報ではないけれど、韓国、北朝鮮、そして日本との関係が分かるルポ。日本と韓国。圧倒的に日本人は韓国の歴史を知らない。歴史を知ることが第一歩だろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    来週、日韓関係が冷え込んでいるこの時期に初の韓国に行くため予習のために読みました。
    池上さんの本はどれも中立を心がけているようで余計な印象操作が少なく情報だけを汲み取れるから好きです。
    今回も韓国の建前と本音がよく分かりました。
    今、嫌韓の人ほど読んだ方がいい本でした。
    たしかに民衆の意見に左右され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています