激闘~隠密船頭(四)~

激闘~隠密船頭(四)~

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

尾張町の糸問屋恵比寿屋に賊が押し入り、主や奉公人二十人以上が惨殺され、二千両が盗まれた。南町奉行・筒井和泉守の“隠密”となった沢村伝次郎は、前代未聞の凶悪事件の探索を手伝うことになるが、他の同心たちの態度は冷たい。そして、探索を続けていた伝次郎は、ついに下手人の手がかりを掴む――。電光石火の一刀が悪を斬る。迫力の剣戟が詰まった第四弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2020年05月29日
紙の本の発売
2020年03月
サイズ(目安)
2MB

激闘~隠密船頭(四)~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    文句なしの五つ星です。
    最初から最後まで、ぎっしり詰まった物語は、読んでいても迫力があって、気持ちの良い時間でした。

    今回の話は、しくじりをして一旦やめた同心を、浪人になって一時扇動をしていた沢村伝次郎。
    奉行の内与力扱いという、特別扱いを恨む同僚もいて、風当たりは強い。
    そんな中、前の上司だった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

隠密船頭 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 隠密船頭
    660円(税込)
    元南町奉行所の定町廻り同心ながら、船頭で生計をたてていた沢村伝次郎はある日、南町奉行所に呼び出される。待っていたのは、南町奉行の筒井和泉守政憲だった。筒井は、伝次郎に自分の右腕となって働いてもらいたいといい、快諾した伝次郎は奉行所の助をすることとなったのだが――。大人気を博した「剣客船頭」の後継シリーズがさらにスケールアップして開幕!
  • 七人の刺客~隠密船頭(二)~
    定町廻り同心をやめ、生計のために船頭をしていた沢村伝次郎は、南町奉行・筒井和泉守の引きで南町奉行所に戻された。今回、伝次郎に新たに命じられたのは、譜代大名家に関わる秘事だった。大名家と大店の醤油酢問屋の間に存在する問題、そして、大名家を揺るがす企みが伝次郎の前にあきらかになる! 人気シリーズ「剣客船頭」の後継シリーズ、待望の開幕第二弾!
  • 謹慎~隠密船頭(三)~
    南町奉行・筒井和泉守の引きで南町奉行所に戻り、“隠密”となった沢村伝次郎は、町廻りの途中、何者かに襲われた。意識が戻った伝次郎の目の前には、見知らぬ男の死体が。町方から疑いをかけられた伝次郎は窮地に陥る。はたして伝次郎は、自らにかけられた疑いを晴らすことができるのか。そして、真の下手人とは――。ますます絶好調の人気シリーズ、衝撃の第三弾!
  • 激闘~隠密船頭(四)~
    尾張町の糸問屋恵比寿屋に賊が押し入り、主や奉公人二十人以上が惨殺され、二千両が盗まれた。南町奉行・筒井和泉守の“隠密”となった沢村伝次郎は、前代未聞の凶悪事件の探索を手伝うことになるが、他の同心たちの態度は冷たい。そして、探索を続けていた伝次郎は、ついに下手人の手がかりを掴む――。電光石火の一刀が悪を斬る。迫力の剣戟が詰まった第四弾!
  • 一撃~隠密船頭(五)~
    幕府の下勘定所に勤める旗本家の屋敷で凄惨な事件が起こった。家の女たちを殺した下手人が旗本家の者だったことから目付が動いたが、進展はない。そこで探索の依頼を受けた南町奉行・筒井和泉守は「奉行の隠密」となった沢村伝次郎に事件の“始末”を命じる。妖刀村正を持つ凶悪侍に、伝次郎は一刀流の剣で向かう! 第9回日本歴史時代作家協会賞 文庫書き下ろしシリーズ賞受賞の人気シリーズ第五弾。
  • 男気~隠密船頭(六)~
    北本所の侠客一家に、仇敵の勢力が急襲をかけた。双方とも親分を失う大抗争だった。と、そこに居合わせなかったやくざの一人が殺された。折から人手の足りない南町奉行所では奉行の筒井和泉守が「奉行の隠密」となった沢村伝次郎に探索を命じる。強面、狂暴なやくざたちを調べ上げた伝次郎が、“仁義なき戦い”の果てに見たものは……。涙こぼれるシリーズ第六弾。
  • 追慕~隠密船頭(七)~
    「南町奉行の隠密」となった元船頭の沢村伝次郎は、奉行の命で座頭殺しの下手人とされる浪人二人の探索をすることになった。一方、伝次郎の小者をしている粂吉は、探索の傍ら、たった一人の身内の姉を失ったおゆうに、情をかける。まったく別の二つの事件が重なりあった時、すべての真相が明らかになる! 涙のあとに爽やかさが残る稲葉稔の傑作シリーズ第七弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

光文社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング