もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

何十年もの間、グリア細胞は精神を気泡で包む梱包材のようなもので、物理的、栄養的にニューロンを支える接合組織にすぎないと見なされてきた。しかし、脳科学の進歩により、単なる「接合組織」にすぎないとみなされてきたグリア細胞が、ニューロンなどを支配し、さまざまな精神活動に関与してきたことが明らかになってきた。最新の脳科学においてコペルニクス的な展開を見せる「もうひとつの脳」グリア細胞の謎に迫る

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
電子版発売日
2018年04月20日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
32MB

もうひとつの脳 ニューロンを支配する陰の主役「グリア細胞」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月01日

    どんな本かな?おっグリアの話か、と気楽に読み始めた本です。中身はどっこい骨太の研究書ともいえる内容でした。アストロなりオリゴデンドロなりミクロなり、なんとなく知ってた知識がこれでもかというほど塗りつぶされ、更新されました。
    特にアストロサイトとミクログリアの仕事っぷりには驚かされました。えらいこっち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月28日

    人間の脳が思考するのはニューロンの働きとされていたが、21世紀に入ってそれまでは緩衝材程度に思われていたグリア細胞がニューロンの動きに大きな影響を与えているとして注目されている。アインシュタインの脳はニューロンの数は一般人と同じであったがグリア細胞の数は群を抜いて多かったとして、その重要性を示唆する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    脳はニューロンの回路で意識ができていると思っていたが、今まで知られなかったグリア細胞でできたもうひとつの脳があったのか!ただ単にニューロンを支える役と思われていたグリア細胞がニューロンの情報を感知しそしてグリア細胞間やニューロンとの間で情報のやりとりをしていたという。多発性硬化症に効く薬が開発される...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月14日

    このテーマと内容の翻訳本を新書で出すとは、さすがのブルーバックス。感心した。心から応援する。

    タイトルにもなっている「もうひとつの脳」とは、脳を構成する細胞の内、ニューロンの他に存在するグリア細胞のことだ。実際に脳の細胞数に占める割合はニューロン細胞よりもグリア細胞の方が多い。そのグリア細胞はこれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    グリア細胞は脳を支配する!

    joseg 2018年07月05日

    「もうひとつの脳」とは何か? 本書は、「脳神経系におけるグリア細胞の役割」に鮮明なスポットをあて、 新たな視点から「脳のしくみ」の理解に迫ろうとする意欲的な著作です。

    グリア研究に尽力してきた著名な神経科学者たちのユニークな逸話や「グリア細胞の謎」に迫る物語に満ちています。その中でも、「アイン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    ブルーバックス

    脳の不思議さ、面白さを伝えた本。脳の不思議さ、面白さは 人間の不思議さ、面白さだと思う

    「脳の中心はニューロン」とする従来の説を批判し、「グリア細胞(もう一つの脳)が脳の中心」とする説を展開。

    「グリアは 脳の健康と病気の拠点」
    グリア細胞の研究が進めば 認知症、脳腫瘍、脊髄損...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月11日

    「もうひとつの脳」R.Douglas Filelds

    脳内には、1,000億個のニューロンがある。

    ニューロンは脳内の全細胞の15%しかない。残りはグリア細胞。

    グリアはシナプスを介して回路に接続されているのではなく、メッセージを脳全体に向けて広く送信している。

    盗まれたアインシュタインの脳...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月30日

    主旨にだいぶ偏りもあるが、グリアについて新しい見方ができる。
    ただ、客観的に考えてもグリアの働きが詳細に記載されており、その点が良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月13日

    ‪ニューロンの陰に隠れ、日の目を見る事のなかったグリア細胞。近年グリア細胞の研究が進むにつれて、重要な機能が明らかになってきました。特定の病気との関わりが深い事もわかってきていますので、この未知の領域に更に光が当たる事で多くの方が救われる事を期待したいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています