現代暗号入門 いかにして秘密は守られるのか
  • 値引き

現代暗号入門 いかにして秘密は守られるのか

作者名 :
値引き価格 539円 (490円+税) 3月18日まで
通常価格 1,078円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

現代の暗号技術には、純粋数学者が追究した緻密で膨大な研究成果が惜しみなく投入されている。開発者と攻撃者の熾烈な争いを追いながら、実際に使われている暗号技術を解説する。現代的な暗号の基本要素である「共通鍵暗号」「ハッシュ関数」「公開鍵暗号」にくわえ、類書ではほとんど解説のなかった、ハードウェアの面からの暗号解読についても紹介する。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 情報通信
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
電子版発売日
2017年11月14日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
132MB

現代暗号入門 いかにして秘密は守られるのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月24日

    難しかった〜

    かなりわかりやすい例えを駆使して、本質部分に絞って説明してくれてるんだろうなと。でも、わかんね〜


    いまだに暗号の一番わからんところは、まだ解消しない。
    もう少し勉強して、読み返そう。

    個人的には、別の本に頼れっていう話だろうけど、サイドチャネルアタックなど、防御をどうするねんと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月22日

    現代社会は暗号技術によって成り立つといえる。
    SUICA等のICカード、インターネット等、今の生活は暗号により保証され守られている。基本的な概念を知ることは使用する側にとっても、その限界や脆弱性、有用性を理解して、自分を守ることになるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月01日

    現代の暗号技術について。日本軍とかの話は特になく、コンピューターを用いてることが前提。
    ICカードや無線通信等で使われてる技術の概要が理解できた。暗号資産についても簡単な解説がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月29日

    ICカード≒小型のコンピュータ

    ----------------
    Suica(SonyのFelica採用)・・共通鍵暗号を使う内部認証方式=チャレンジレスポンス認証(#共通鍵=共通の秘密鍵を使うということか!)

    ①改札機から発信される電波によって起電力が
    生じる(電磁誘導によって発電)

    ②改札...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月27日

    情報処理安全確保支援士試験を受けるにあたって、暗号の知識を深めたいと思い購入。数式などの難解な箇所はほとんど飛ばして読んだが、暗号の奥深さをざっくりと理解することができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月11日

    最先端の暗号技術がわかるの帯を見て購入しました。
    暗号はインターネットを使う際は必ず使う技術なので絶対に知っておきたい内容です。
    (1)(2)がどのように使われるか?包括的に理解できます。
    (1)共通鍵暗号
    ストリーム暗号、ブロック暗号、ハッシュ関数
    (2)公開鍵暗号
    RSA暗号、楕円曲線暗号

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月08日

    ブロックチェーンやICチップの仕組みが何となく知れて良かった。ただ数式までは追えていないし、理解が不十分なところもあるから、また読み返したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    ICカード内で利用されているDESの解読方法(差分電力解析)が印象に残った。
    DESの1ボックスの鍵長は高々6ビット。電圧は出力ビットの1の個数に比例する。

    まずは鍵を仮定する。
    入力の特定ビットが0と1の群で出力電圧を計測すると、鍵が正しければ平均して電圧に1ビット分の差が表れる。
    鍵が間違って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年03月24日

    例えばある企業のウェブサイト上で個人情報を入力するとき、パスワードでログインしさえすればそれが機密事項として守られているだろうことを我々は当然視している。そしてその機密性がどのような機構をもって担保されたものなのか最早気に留めようとしない。この本はそういった暗号を用いた情報のやり取りが、如何なる研究...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています