中核VS革マル(上)

中核VS革マル(上)

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

血で血を洗う殺戮戦争を続ける学生や労働者たち。その覆面の下には、どんな素顔が隠されていたのか。高い理想と正義感から生まれたはずの"革命"運動が、両党派間の内ゲバ殺人に転化していった悲惨な歴史の逆説。いま困難な時代の転換期にあって、先行世代の軌跡を見詰めなおす綿密なドキュメント。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2017年10月27日
紙の本の発売
1983年01月
サイズ(目安)
1MB

中核VS革マル(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    おばちゃん顔だよね、立花隆って。大学にいた90年代中ごろ。世の中では学生運動とか極左とかもう昔の話になっていた。でも私がいた大学は革マル派の総本山だった。未だにこんなことやっている人がいるんだなあと思って彼らのことを見ていたが、ちょっと興味があって読んでみたのがこの本。日本の極左を二分する中核派と革...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月31日

    新左翼のなかで、たがいに激しく対立して凄惨な内ゲバをくり返した「中核派」と「革マル派」についてのレポートです。

    両派とも自分たちに都合のいい情報のみを機関誌を通じて喧伝し、相手を罵っていますが、著者はそれらの資料をていねいに検証して事実にせまるとともに、両派の抗争スタイルのちがいについても考察を展...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月18日

    新左翼運動の流れ、中核派・革マル派の考え方、分裂したのはなぜか、について詳しく書かれていた。
    両派の抗争は1972年まで(下巻へ続く)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月30日

    新左翼とは何か。何故同じ共産主義の理念を掲げつつセクトがわかれていくのか。中核派、革マル派とはどんな思想を持っているのか。そして何故対立をし内ゲバを繰り返すのか。
    これらが全てわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月16日

    上下巻、かなり難しいですが。そこんとこどうなってるの?何があったの?聞いたことあるけどあの人たちって結局なんだったの?と気になる人は一度読んでみてください。2003年8月読

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月08日

    興味本位で上下巻読んじゃいました。疲れた〜〜。知らない単語目白押しで、いちいちWikiりながら読んだので疲労度も3倍くらい。お陰さまで現在新左翼系異様に知識がついております。この本は1975年の本なんですが、その後中核vs革マルが一体どう転んでいったのか知りたいけど誰か教えてくれないかしらん。多分自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月23日

    中核派と革マル派の抗争を描いたドキュメントですが、戦後にも関わらず、ほんの50年前に、東京で暴力が日常茶飯事であったという事実に今更ながら驚きを感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    戦後でも凄惨なリンチ・殺人があったことに衝撃を受けた。それにしても立花隆は良く調べたなあと感心した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最近はイロイロアレな立花隆が35歳の時に書き上げた渾身の一冊。
    ちゃんと丁寧に取材して、全体を俯瞰して見せており、この当時までのルポとしてこれ一冊でもう十分。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    マルクス・レーニン主義が確固たるイデオロギーであり、信奉者を多数擁していた時代の記録。近親憎悪的内ゲバは、宗教的狂信と何ら変わるところが無い。

    このレビューは参考になりましたか?

中核VS革マル のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 中核VS革マル(上)
    704円(税込)
    血で血を洗う殺戮戦争を続ける学生や労働者たち。その覆面の下には、どんな素顔が隠されていたのか。高い理想と正義感から生まれたはずの"革命"運動が、両党派間の内ゲバ殺人に転化していった悲惨な歴史の逆説。いま困難な時代の転換期にあって、先行世代の軌跡を見詰めなおす綿密なドキュメント。
  • 中核VS革マル(下)
    693円(税込)
    かつては高揚する学生運動をささえていたはずの中核と革マル。だが、果てしないその対立は、鉄パイプによる内ゲバ殺人へとエスカレートしていった。世界の社会運動の歴史においても稀にみる激烈で凄惨な両派の内部抗争の局面を、戦後の学生・労働運動の流れに遡って詳細に跡づける衝撃の実態レポート。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング