解読「地獄の黙示録」
  • ptバック

解読「地獄の黙示録」

作者名 :
通常価格 529円 (481円+税)
紙の本 [参考] 534円 (税込)
獲得ポイント

213pt

  • 40%ポイントバック

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「地獄の黙示録」は、はじめて世界文学に匹敵するレベルで作られた映画である!

未完成版のまま出品されたカンヌ映画祭でグランプリを獲得。1979年(日本では80年)に公開されると、世界中で賛否両論が巻き起こった映画史に残る作品を徹底解剖。

舞台はベトナム戦争。陸軍士官ウィラード大尉(マーティン・シーン)は、元グリーンベレー隊長カーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺を命令される。カーツ大佐は軍の意向を無視し、カンボジアの山岳民族を率いて北ベトナム軍と戦っていた・・・。

監督・脚本・音楽・製作は「ゴッドファーザー」で大成功を収めたフランシス・コッポラ。約90億円にまで制作費がふくれあがったため、全財産を投じて完成させた。

映画の下敷きとなったコンラッドの「闇の奥」、T.S.エリオットの「荒地」「うつろな人々」、イギリスの文化人類学者フレイザーの「金枝篇」、ヨーロッパに伝わる聖杯伝説、そして映画のテーマ音楽となったドアーズの「ジ・エンド」。これらを手がかりに、コッポラが映画にこめたメッセージを読み解く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / アニメ・芸能・ゲーム攻略本
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
192ページ
電子版発売日
2016年05月13日
紙の本の発売
2004年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

解読「地獄の黙示録」 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    すごい、の一言です。名前通り、コッポラ監督の「地獄の黙示録」の解説本です。これを読んでやっとどんな映画なのかが分かった。それくらい「地獄の黙示録」という難解な映画を、主人公のセリフや、翻訳の仕方まで細かく分かりやすく解説しています。やっぱり立花さんはすごい人。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ひとつの映画をこれほど深く読み解いた本を知りません。ただ読者を選ぶ本であるとは思います。「地獄の黙示録ってよくわかんなかったな。」という感想を持ち、且つ、そのことがずっと心にひっかかっている人には必読の書です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    映画 地獄の黙示録 についての研究本。コンラッドの「闇の奥へ」、エリオットの「荒れ地」を読みたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月21日

    本作が完成に至るまでいかに混乱していたのかについて紹介しながら、難解と言われる後半部分においてコンラッド『闇の奥』、フレイザー『金枝篇』、そしてエリオット『荒地』が直接的に引用され、挿入曲であるドアーズの「The End」の歌詞がその内容と関連していることを紐解いた解説書。あの印象深いマーロン・ブラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています