光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと 電場とは何か? 磁場とは何か?

光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと 電場とは何か? 磁場とは何か?

作者名 :
通常価格 1,078円 (980円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

電磁気学なくして、相対性理論は生まれなかった! 自然界のすべての力を説明する究極の理論への第一歩、電気と磁気の統一はどのように成し遂げられたのか。貧しく満足な教育を受けられなかったにもかかわらず、天性の実験センスで科学を切り拓いたファラデー。ケンブリッジ大卒のエリートで若くから数学に特別な才能を発揮したマクスウェル。対照的な二人の天才の共演によって、電磁気学が完成される過程をたどる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 理工
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
電子版発売日
2016年08月26日
紙の本の発売
2016年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

光と電磁気 ファラデーとマクスウェルが考えたこと 電場とは何か? 磁場とは何か? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    原論文や書簡から、電磁誘導を発見した実験家のファラディと数学を駆使して電磁気学を構築した理論家のマクスウェルが考えたことを追う。どちらも天才のファラディとマクスウェルが実験と理論の立場で電磁気学を完成していくことがわかる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    電磁気学を創設したファラデーとマクスウェルのいわば伝記。

    高等教育を受け、微積分や微分方程式を巧みに操ったといういかにも優等生なマクスウェル。

    一方で子供の頃から貧乏で製本所で働き、高等教育を受けられなかったファラデーは数学が全く使えず、論文に数式が全く出てこなかったというのには驚かされました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月07日

    製本屋に奉公に出るような厳しい境遇ながら、天性の実験センスで数々の成果を出したファラデーと、裕福な家庭に生まれてエリート教育を受けた優等生マクスウェル。対照的な2人の天才により電磁気学が確立されていった過程を興味深く読みました。
    2人の主役もすごいけど、どこにも発表せず密かにすごい発見を連発していた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月16日

    もうちょっと、電磁場についての記載があるのかと思ったら、時代背景とか、科学史みたいなんが中心。
    そう興味は持てなかった。
    ちょっと、読む本間違った。

    本としての出来とはまた別。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています