聖者の凶数 警視庁殺人分析班
  • 値引き

聖者の凶数 警視庁殺人分析班

作者名 :
値引き価格 539円 (490円+税) 3月18日まで
通常価格 770円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

暮れも押し迫った夜、上野の空きアパートの一室で、顔と両腕を損壊された遺体が見つかった。手がかりは、遺体の腹に記された謎の数字と、狩りの守護聖人のカードだけ。連続殺人を予測した如月塔子ら警察の捜査むなしく、第二の事件が発生。またも記された数字は、犯人からの挑発なのか。超人気シリーズ第5弾! 講談社文庫「警視庁殺人分析班」シリーズは、講談社ノベルス「警視庁捜査一課十一係」シリーズと同一シリーズです。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年04月08日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

聖者の凶数 警視庁殺人分析班 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年01月05日

    少し事件が読めてきたと思ったら意外と早くに事件が解決し、疑問に思った直後の展開が泣けました。

    手代木管理官がどんどん嫌味になってきて困ってます。

    次回作も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    面白かったし 読みごたえがあった。
    こんな切ない結末になるとは思わなかったなぁ。
    初めてこのシリーズを読んだ時 塔子にはあまり魅力を感じなかったし 2作目3作目くらいまでは それが変わることはなかったような。でも いつからか どんどん魅力を増して イキイキと動き始めた塔子。体力的には 男性にかなわな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月07日

    如月 塔子シリーズ、第5弾。
    古いアパートの一室で、薬品で顔を消された遺体が発見された。そして、その遺体には、「27」という謎の数字が書かれていた。

    遺体の身元が判明しないまま、第2、第3の事件が起こり
    事件は連続殺人の様相を呈する。
    いったい誰が、何の目的で...
    そして、「27」、「45」、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月21日

    今までのシリーズを通して1番最後が読めない展開でした。そして、偽善でもなんでも、、、というところにはたいへんぐっときました。職場が浅草界隈なこともあり、かなり塔子に共感してしまった作品。次回作も楽しみです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月10日

    回を重ねる毎に面白くなってきたように感じます。
    今回は一見すると猟奇殺人のような事件ですが、その裏に隠された動機は予想を裏切るものでした。鷹野班の面々が見せる事件捜査のプロセスにプロらしさが増してきたのが良いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月12日

    シリーズとして安定感している。

    猟奇的な事件から始まり、
    今回はどうなるのか・・・と思ったものの
    そこまで劇的な展開とまではいかず。

    ただ、読ませる面白さは健在。

    貧困や社会の不条理、家族愛など
    いろんな要素が盛り込まれていて
    悩みながら事件にあたる難しさというのが
    印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月25日

    体に書かれた数字の意味は何か、何故犯人はそんな事をしたのかという、いわゆる犯行の動機を辿ってゆくミステリー。一応、犯人の意外性も。

    如月塔子の成長を楽しむミステリー。周りも含めた成長物語としての魅力も増している。続けて読みたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月19日

    警視庁殺人分析班の若手女性刑事の如月塔子を主人公にしたシリーズの第5弾。

    今回は顔や両腕を薬品で損壊する残酷な猟奇殺人を巡り、如月塔子ら殺人分析班のメンバーが犯人を追い詰める。遺体に残された謎の数字とポストカード。そして、第二、第三の事件が…

    全く正体が解らぬ犯人像に少しずつ迫る面白さに余りにも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月16日

    人が殺人を犯すとき、そこにはそれぞれの事情がある。
    まったく身勝手な動機もあれば、やむにやまれぬ動機もある。
    欲にかられた動機もあれば、緊急避難的な動機もある。
    この物語で起きる事件には、そのどれにも属さない動機が隠されている。

    このシリーズにしては珍しく、結末ありきのような展開になっていたことが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月16日

    201610/今回も都合良い展開と鷹野の名推理で進むけど、遺体のメッセージの意味や犯人とその背景、真相と結末がドラマティックに練られてて面白かった。橘にリンゴをすすめられ塔子が一瞬躊躇したシーン、ただの物語上のヒロインなだけではない塔子の人間らしさが出ててよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

聖者の凶数 警視庁殺人分析班 に関連する特集・キャンペーン