大江戸妖怪かわら版1 異界より落ち来る者あり

大江戸妖怪かわら版1 異界より落ち来る者あり

作者名 :
通常価格 492円 (448円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

三ツ目や化け狐たちが平和に暮らす、おだやかな魔都「大江戸」。かわら版屋の少年・雀は、この町に住むたったひとりの人間だ。面白話を求めて奔り回る雀のところに「人間を拾った」との一報が。おかっぱ頭の童女が、人間の住む異界から落ちてきたというのだ――。朗らかな妖怪たちの姿を鮮やかに描いた、優しい人情噺。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年08月14日
紙の本の発売
2011年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

大江戸妖怪かわら版1 異界より落ち来る者あり のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年08月05日

    江戸庶民の情緒満載
    妖怪宇宙は並行宇宙的存在だけれど
    人間界と一味違う所は
    人間味あふれる人情を失ったシガラミや
    理不尽な力関係による抑圧が無いところかな〜

    人間界の江戸も庶民の暮らしは今から思うと
    信じられないほどに人情豊かで
    憧れてしまうのだけれども
    妖怪の江戸はそれにも増して自然体の関係が
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月30日

    舞台は江戸。しかしそこに住んでいるのは妖怪たち。その中に一人だけ人間が住んでいます。
    多分この人間、雀は現代の日本に住んでいた子。大江戸に落とされて瓦版を作りながら生活しているようです。

    相変わらず設定が面白い。そしてこの小説、香月先生の他の作品に登場した人物も登場してるんです。そういうのが苦手な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月14日

    綺麗な世界だし、
    登場するキャラがみんな個性が強くて優しいから、
    読んでいて、
    とても幸せな気持ちになれるから好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月02日

    旦那がイケメン過ぎて。周りのひとたちの優しさや言葉がしみいります。雀が今までの世界から新しい世界へ移り、毎日を改めて一所懸命生き直す姿が楽しそうでキラキラして、続きも楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月25日

    同じようで少し(?)違うもうひとつの江戸。そこは魑魅魍魎が闊歩するとところで、妖怪たちが平和に暮らしていた。そしてある日突然、異界から人間の女の子が落ちてきて....という話。解説の田端さんも書いているように自分が今見ている世界は慣れているだけで、実はほかの人から見たらすごいのかな。とか思えました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月29日

    面白かったー。お小枝ちゃんが可愛かったなぁ。一緒に大江戸を観光してる気分になりました!
    親の良かれと思う行動、子供に伝わらないことだっていっぱいあるんですよね。
    お小枝ちゃんが、帰ってきて、ご両親はどれだけ喜んだことでしょう。
    どう生きて欲しいか、も大事ですが、どれだけお小枝ちゃんが大好きで愛してる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月18日

    妖怪が普通に暮らす魔都、大江戸にただ一人暮らす雀の活力や成長が、とても前向きで素敵なお話。難しい言葉もなく、すんなりと世界観に浸れる。ライトノベル(だと思われる)なので台詞、改行が多く、文字数も少ないと思われ、非常に読みやすい。面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月21日

    三つ目や魔人、ろくろっ首など異形の者どもが平和に暮らす魔都「大江戸」。この町で唯一の人間であるかわら版屋の記者・雀は、面白話を求めて東へ西へ…。

    つるりと読める、ゆかいな妖怪小説でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月12日

    誰かが恋をするわけでもなく、誰かが殺されるわけでもなく。
    けれども周りを巻き込んで話は楽しく進み解決する。
    平和であるからこそおもしろいお話が、どこかわくわく感を引き出してくれる。
    だから香月日輪の世界はおもしろいと感じます。

    主人公の男の子と周りの妖怪たちが織り成す物語は、今までの香月さんの作品...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月08日

    もう一つの大江戸の世界。

    妖怪が住む江戸の町。
    その中でただ一人の人間、雀。

    空を天女が飛んでるなんて、すごく素敵です。

    香月さんの描く世界ってほんとにすごいですね。

    雀の過去も気になります。

    桜丸と旦那がかっこいいです。

    続き早く出てほしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

大江戸妖怪かわら版 のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 大江戸妖怪かわら版1 異界より落ち来る者あり
    三ツ目や化け狐たちが平和に暮らす、おだやかな魔都「大江戸」。かわら版屋の少年・雀は、この町に住むたったひとりの人間だ。面白話を求めて奔り回る雀のところに「人間を拾った」との一報が。おかっぱ頭の童女が、人間の住む異界から落ちてきたというのだ――。朗らかな妖怪たちの姿を鮮やかに描いた、優しい人情噺。
  • 大江戸妖怪かわら版2 異界より落ち来る者あり 其之二
    ヒトの目で綴った魔都見物記「大江戸紹介録」が評判を呼び、大首の親方も認めるかわら版屋の書き手となった雀。ここで生き直すんだ――元いた世界のすべてが消えた。そして憎しみも去った。いつの日か雀が、異界を、そして親を恋しく思う日は来るのか。雀の過去が明らかになる「異界より落ち来る者あり」後編。
  • 大江戸妖怪かわら版3 封印の娘
    魔都大江戸で年を越したかわら版屋の少年記者・雀。新春早々、仕事仲間の桜丸やポーと連れ立って歌舞伎見物へ出かける。日吉座の花形役者・蘭秋(らんしゅう)の艶やかな魅力とともに、物語に惹かれた雀は、脚本を書いたのが雪消(ゆきげ)という白鬼の娘であることに驚く。美しく若い女の姿をした雪消は、ある理由で座敷牢の中にいた。シリーズ第三作。
  • 大江戸妖怪かわら版4 天空の竜宮城
    春爛漫の大江戸で、雀はちょっとした人助けをした。花見の最中、泥酔者から女の子を守ったのだ。後日、少女と同郷だという男が現れ、礼をしたいので村に来てほしいという。その村とは―空に浮かぶ竜宮城だった。案内人「天空人魚」に導かれ、空を舞って辿り着いた先で、雀は想像だにしない不思議な体験をする。シリーズ第四作。
  • 大江戸妖怪かわら版5 雀、大浪花に行く
    かわら版屋の記者・雀、今度の取材は西の魔都・大浪花。初めての長旅に心躍らせる雀と桜丸は、鬼火の旦那の手引きで、大浪花ただ一人の人間・修繕屋と会うことに。彼は雀をもとの世界に帰す力すらもつという。そのころ大浪花城には、雷と大波を呼ぶ神獣「雷馬」が街を襲うという報せが舞い込んだ。食い倒れの街でたらふく飯を食べ、芝居に驚き、旅を満喫する雀の運命やいかに。
  • 大江戸妖怪かわら版6 魔狼、月に吠える
    大欧州からの渡来船を一目見に、物見高い江戸っ子はこぞって港に集まった。記者・雀は人ごみの中で可憐な少年に出会う。初花が強面の同心の妹とも知らず――。二人が食に芝居見物と、天下泰平な大江戸を楽しんでいる頃、秘かに犬族の間である奇病が広がっていた。「魔狼(フェンリル)の災厄」と呼ばれる病の正体とは。
  • 大江戸妖怪かわら版7 大江戸散歩
    天下泰平の大江戸市中で、健気に生きる少年・雀の日常をつづった「風流大江戸雀」。人狼の魔人・百雷の同心としての活躍を描く「八丁堀同心百雷、定町廻りす」などをはじめとする、六編の短編オムニバス。読者待望の妖怪ファンタジー第7巻。これにて読み収め!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています