朝鮮戦争(上) 血流の山河

朝鮮戦争(上) 血流の山河

作者名 :
通常価格 1,166円 (1,060円+税)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

一九五〇年六月、北朝鮮軍の韓国奇襲で火蓋を切った朝鮮戦争。それは、共産主義圏拡大を目論むソ連・中国と、米国をはじめとする資本主義陣営による、世界最大規模の代理戦争でもあった。半島全土が血塗られた三年間の激闘、そして超大国の非情なまでの思惑を、膨大な史料から描いた傑作戦記。文庫書下ろし

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年03月13日
紙の本の発売
2014年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2015年01月26日

    政治・軍部の首脳陣から兵士・民間人まで戦争に関わった多くの人の視点で描かれています。戦況毎に地図が準備されているのもいいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 朝鮮戦争(上) 血流の山河
    一九五〇年六月、北朝鮮軍の韓国奇襲で火蓋を切った朝鮮戦争。それは、共産主義圏拡大を目論むソ連・中国と、米国をはじめとする資本主義陣営による、世界最大規模の代理戦争でもあった。半島全土が血塗られた三年間の激闘、そして超大国の非情なまでの思惑を、膨大な史料から描いた傑作戦記。文庫書下ろし
  • 朝鮮戦争(下) 慟哭の曠野
    半島全土を血で染めながらも、両陣営とも誤算の連続で混迷の度合を深めた朝鮮戦争。米中の初激突、ソ連極秘参戦と熾烈な攻防が続くなか、日本は再軍備を迫られ、さらには民間人が戦火に巻き込まれる――。戦闘の実相のみならず、現代にも及ぶ複雑な世界のありようを真に理解しうる傑作戦記。文庫書下ろし

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています