天平グレート・ジャーニー 遣唐使・平群広成の数奇な冒険

天平グレート・ジャーニー 遣唐使・平群広成の数奇な冒険

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

天平五年の遣唐使は苛酷な運命を辿った。朝貢国中最下位扱いされながらも、多くの人士や書物を満載し帰国の途についた四隻の船団。だが嵐に遭い、判官の平群広成率いる第三船は遙か南方の崑崙国へ漂着する。風土病と海賊の襲撃で、百人を越える乗員はほぼ全滅。軟禁されていた広成ら四人だけがふたたび長安へ向かう惨状ぶり。さらには新羅との関係悪化で、北方の渤海国経由での帰国に賭けることに。天平の「外交官」の見たものは?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年02月13日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

天平グレート・ジャーニー 遣唐使・平群広成の数奇な冒険 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年08月17日

    万葉文化の研究者が「遣唐使」を小説化。三十八の小編に分けて進行する物語は、研修者が執筆したことを知ると程よい長さの講義のようだ。会話文は現代風で、しかし時代考証に目くじらを立てさせないような、流れるような文章。風と海流に翻弄される当時の航走で命懸けで大陸へ渡り、そして帰ってくる、そのことを史料に肉付...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月04日

    さすがはスペシャリストという作品。
    史実に基づいているとは言うものの脚色が素晴らしく、小難しいところを軽々と跳躍させる筆技。
    天平ロマンに心が躍る。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月23日

    新書が面白かったので、こちらも読んでみる。
    もっと前からあると思ってたら、割と最近のものだったのか。
    日本史には疎いもんで。しかし史実を膨らませてあってか面白かったです。
    渤海国ってあまり知らなかったので気になりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月15日

    遣唐使の旅を「数奇な冒険」とはうまく表現したものだ。天平の甍のようなミゼラブルな苦労にフォーカスした物語ではない。旅先の出来事、転々とする航路、渤海vs新羅の狭間突破。どれもがエキサイティング。決して不謹慎とは思わない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月18日

    語り口は散文調。と思ったら、著者は学者さんだった。小説としては物足りない気もしたけれど、とにかく、あまり知らないこの時代の雰囲気や外国の様子、外交問題を知ることができてそこが楽しい。なにより遣唐使の苦労が目に見えるようで、とても面白かった。
    また、今まで見たドラマなどと違って吉備真備や阿倍仲麻呂が悪...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月16日

    読み始めは堅苦しい歴史考証物かと思ったが、すぐに物語としての作品に引き込まれた。残っている資料をもとにエピソードを並べているのだろうが、どこからどこまでが事実かは重要ではない。奈良時代に唐まで渡ることの困難さ、そこに身を投じ荒波と他国に翻弄される者たちの思いに触れることがこの作品の作品としての価値。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月09日

    著者は万葉文化の研究者で遣唐使の物語。史実に近いのではないかな。
    大変な冒険。当時の長安、見てみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています