大和維新

大和維新

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「大和の誇り忘れるべからず」。師は若き今村勤三にそう書き遺し、天誅組と共に散った。やがて明治。奈良県は廃藩置県に伴う統廃合で大阪府へ吸収合併され、災害復興も地価見直しも後回しの屈辱的扱いを受ける。師の無念と民の怒りを受け、勤三は大和再独立に立ち上った。近代化の陰に隠された地方の闘いに光を当てる維新秘話長篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
電子版発売日
2019年03月01日
紙の本の発売
2018年09月
サイズ(目安)
1MB

大和維新 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年11月15日

    書き下ろし

    大和国安堵村の庄屋の家に生まれ、府県統合の過程で堺や大阪に吸収された「奈良県」の分離のために力を尽くした今村勤三の伝記的な小説。
    13歳の時、幕府を倒そうとする天誅組の挙兵が奈良であり、学問の師が参加したが破れ、「大和の誇り忘れるべからず」という書き付けを残して処刑されたが、勤三は終生...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月05日

    素材がいいので期待したが、やや盛り上がりに欠けるかな。
    読みやすく、歴史小説にありがちなくどさがない。
    ここを掘り下げてほしいという見せ場があっさり、解説文で片付けられているいっぽう、とくに仔細に描かなくても本筋には関係ない部分(洪水を見に行くとか)があって、メリハリが悪い印象。

    富本憲吉を絡ませ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています