文豪と酒 酒をめぐる珠玉の作品集

文豪と酒 酒をめぐる珠玉の作品集

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

鴎外がビールに、荷風がウィスキーに託した思いとは? 本書は酒が様々なイメージで登場する傑作を厳選。古今東西、人類の友である酒になぞらえた憧憬や哀愁は今でも現代人を魅了し続ける。近代文学に足跡を残した漱石、露伴、安吾、谷崎、太宰ら16人の作家と白秋、中也、朔太郎ら9人の詩人、歌人による魅惑のアンソロジー。
収録作品

屠蘇……夏目漱石「元日」
どぶろく……幸田露伴「すきなこと」
ビール……森鴎外「うたかたの記」
食前酒……岡本かの子「異国食餌抄」
ウィスキー……永井荷風「夜の車」
ウィスキーソーダ……芥川龍之介「彼 第二」
クラレット……堀辰雄「不器用な天使」
紹興酒……谷崎潤一郎「秦准の夜」
アブサン酒……吉行エイスケ「スポールティフな娼婦」
花鬘酒……牧野信一「ファティアの花鬘」
老酒……高見順「馬上侯」
ジン……豊島與志雄「秦の出発」
熱燗……梶井基次郎「冬の蝿」
からみ酒……嘉村礒多「足相撲」
冷酒……坂口安吾「居酒屋の聖人」
禁酒……太宰治「禁酒の心」

●諸酒詩歌抄
上田敏「さかほがひ」
与謝野鉄幹「紅売」
吉井勇「酒ほがひ」
北原白秋「薄荷酒」
木下杢太郎「金粉酒」「該里酒」
長田秀雄「南京街」
高村光太郎「食後の酒」
中原中也「夜空と酒場」
萩原朔太郎「酒場にあつまる」

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2018年11月26日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

文豪と酒 酒をめぐる珠玉の作品集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月22日

    どぶろく 幸田露伴「すきなこと」
    風流をもって極好を凌がんとし、極好をもって風流を圧せんとするものは、馬糞を牡丹餅より甘しとなし、作り花を花よりよしとおもう人ならむ、馬糞風流阿呆極好ああすかぬこといの。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています