輝夜伝(1)

輝夜伝(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「とりかえ・ばや」のさいとうちほ最新作!

今は昔 竹の中に いと美しき人居たり・・・

たった一人の肉親である兄の敵をとるために、「血の十五夜」の真相と兄の死の謎にせまるために、少女が一人運命の中に飛び込んでいった。

『少女革命ウテナ』『とりかえ・ばや』のさいとうちほが放つ、新たなる逆転劇 登場!

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
flowers
ページ数
192ページ
電子版発売日
2018年10月26日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
39MB

新刊オート購入

輝夜伝(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    裏切りません(笑)!

    cazumix 2020年06月20日

    前作のとりかえばやも相当に秀逸でしたが、本作も(まだ完結してはいませんが)お話の構想力と、オリジナルがあるとしても、創造性が豊かで惹きつけられます。あえてかぐや姫でないの月詠とゆー男女なおてんばサン(死語だし語彙。。笑)が主人公。とゆー設定も前作同様に何がどうなっちゃうんだろう?!ってゆー期待感が半...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    うみたろう 2019年11月24日

    とりかえばや がすごく良かったので迷わず購入。まだ始まったばかりなので今後の展開に期待します。主人公が誰とカップルになるのか楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い!

    はきりょん 2018年11月05日

    さいとう先生の時代物、大好きです。絵が綺麗だし、見ていてその時代に吸い込まれるようです。早く続きが読みたいです!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月15日

    なんとなく本屋で見つけて買ってしまったのだけど、予想以上に面白かった。
    人物の絵はちょっと微妙だけど、きれいでよい。
    竹取物語をベースにしたお話のようで、続きが気になる!

    このレビューは参考になりましたか?

輝夜伝 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 輝夜伝(1)
    462円(税込)
    「とりかえ・ばや」のさいとうちほ最新作! 今は昔 竹の中に いと美しき人居たり・・・ たった一人の肉親である兄の敵をとるために、「血の十五夜」の真相と兄の死の謎にせまるために、少女が一人運命の中に飛び込んでいった。 『少女革命ウテナ』『とりかえ・ばや』のさいとうちほが放つ、新たなる逆転劇 登場!
  • 輝夜伝(2)
    462円(税込)
    恋と活劇!新たなる“かぐや姫”の物語! 時は平安。類いまれなる美貌の「かぐや姫」の噂が世間をにぎわせていた。主人公・月詠(つくよみ)は、滝口の武者だった兄の消息を探るため、女であることを隠し滝口の武者を志願した。 そんな月詠たち滝口がお仕えする帝はかぐや姫へ求婚するのだが…!? 姫から帝に与えられた難題は、「天の羽衣」?!
  • 輝夜伝(3)
    462円(税込)
    満月の光を浴びて月詠の身体が・・・!? 時は平安。類いまれなる美貌の「かぐや姫」の噂が世間を賑わせているなか、月詠は滝口の武者だった兄の消息を探るため、女であることを隠し、滝口の武者を志願した。 そしてそんな月詠をなぜか気に入るかぐや姫。かぐや姫は月詠も自分と同じ天女であると言うけれど、信じない月詠。しかし満月の夜、身体に異変が!?
  • 輝夜伝(4)
    462円(税込)
    天女ふたりが織りなす、平安絵巻ロマン 時は平安。過去に何があったのか、満月の夜、何が起こるのか…。「天女」である己の身に降りかかる未来を知るため、立ち上がった月詠とかぐや姫。しかし、己の出自を探ろうと、里を訪れた月詠が目にしたのは、思いがけない養父の姿だった。一方、かぐや姫は治天の君の不死の薬を手に入れるため、彼に近づいて…?
  • 輝夜伝(5)
    462円(税込)
    帝と身代わり婚へ!平安絵巻ロマン 時は平安。かぐや姫の身代わり役をする月詠は、その美しさで周囲を驚かせる。さらに、満月を目にして、光を放ち空に浮いたその姿から、凄王に実は女だったと知られてしまう。一方、不死の薬を奪われた治天の君は、かぐや姫が月に還る日を早めようと画策。かぐや姫と帝の婚儀を行うよう、帝に進言する。月詠はかぐや姫の身代わりのまま儀式に臨むことになり…?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています