the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

Google、Apple、Facebook、Amazon――GAFA

GAFAが創り変えた世界の姿とは。
この激変を予言した著名教授が断言する、次の10年を支配するルールとは。
米国発、22カ国で続々刊行のベストセラーがついに日本上陸!

【本書の3大テーマ】
GAFAはなぜ、これほどの力を得たのか
GAFAは世界をどう支配し、どう創り変えたのか
GAFAが創り変えた世界で、僕たちはどう生きるか

【GAFAが生み出した「新ルール」とは】
・「崇高なビジョン」を掲げる
・利益はいらない
・法律は「無視」できる
・競争相手は「資金」で踏みつぶす
・人間の「本能」を刺激する
・ほとんどの人は「農奴」になる ……など

【本書の主な内容】
・GAFAはなぜ、これほどの力を得たのか?
・GAFAが狙い打ちにする「人間の本能」とは何か?
・GAFAに共通する「8つの覇権遺伝子」とは何か?
・GAFAは世界を、どのように創り変えたのか?
・GAFAに続く「第五の騎士」は現われるのか?
・GAFAが創り変えた世界で、僕たちはどう生きるか?……など

【著者紹介】
【著者】
スコット・ギャロウェイ(Scott Galloway)
ニューヨーク大学スターン経営大学院教授。MBAコースでブランド戦略とデジタルマーケティングを教える。
連続起業家(シリアル・アントレプレナー)としてL2、Red Envelope、Prophetなど9つの会社を起業。
ニューヨーク・タイムズ、ゲートウェイ・コンピュータなどの役員も歴任。
2012年、クレイトン・クリステンセン(『イノベーションのジレンマ』著者)、リンダ・グラットン(『ライフ・シフト』著者)らとともに
「世界最高のビジネススクール教授50人」に選出。
Youtubeで毎週公開している動画「Winners & Losers」は数百万回再生を誇るほか、
TED「How Amazon, Apple, Facebook and Google manipulate our emotions
(アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルはいかに人間の感情を操るのか)」は200万回以上閲覧された。

【訳者】
渡会 圭子(ワタライ ケイコ)
翻訳家。上智大学文学部卒業。主な訳書に、ロバート・キンセル/マーニー・ペイヴァン『YouTube革命 メディアを変える挑戦者たち』、マイケル・ルイス『かくて行動経済学は生まれり』(以上、文藝春秋)、エーリック・フロム『悪について』(ちくま学芸文庫)などがある。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
456ページ
電子版発売日
2018年07月27日
紙の本の発売
2018年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月06日

    売れただけあって、GAFAについて非常によくまとまり、よく理解できた。
    正しいか否かは著者本人も語っているとおり、現時点では分からないが、これからの時代を生きていく子供たちには、いずれ読ませたい。
    第10章については年代に関係なく働いていく上で参考になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月22日

    GAFAにたいする批判的な見方から学べることは少なくない。
    富の集中、雇用の減少など、GAFAの台頭に伴い顕在化する課題は少なくない。ネクストGAFAに対する考察も興味深かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月01日

    ようゆうた。
    "グーグルグラスを覚えているだろうか。あれは人々を打ちのめした。要は、VRのヘッドセットをつけた人はみんなばかみたいに見えるのだ。"

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月05日

    GAFAのことをあまりよく知らなかったが、論理的で分かりやすかったので興味深く読むことができました。
    また、読者に対するビジネスのヒントが散りばめられており、非常に読み応えがありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月04日

    今後、世界がどうなっていくのかの一旦を知るための本。今でも本屋の目立つところに陳列されているため、手に取ることができた。少し遅めの購入となったが、目を通す価値があった。

    四騎士の動きに今後も注目。ただ、日本人が書いた本でないため、アメリカの比喩表現が多く、少し入ってきにくい部分もあった。それを含め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月23日

    GAFAの創業期の事業についてその思惑も踏まえて解説し、今後の展開について考察されている。また、それぞれの関係性を踏まえ、共通項を指摘し、それを持つgafaになりうる企業を挙げる。最後に今後のgafaが支配する高度情報化社会において中級以上の階級にいることが必要だと唱えられる。

    この情報化社会にて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月20日

    四騎士は生活になくてはならない存在だと思う。
    買い物をする。スマホを使う。友人と繋がる。何かを調べる。人によっては関わる率は違うと思うが、ほぼ全ての人が何らかの恩恵を受けている。
    本書では四騎士の生い立ち、何故成功したか、第五の騎士となるには、今すべきこと、が書かれている。
    率直に言うと、著者の感情...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月18日

    Gafaも新興企業の時はルール違反していたのに、大企業になって社会的責任を問われるようになったら、手のひらを返すようになったらしい、ひどい。売り上げに対して従業員が少なく社会に利益が還元されずらいらしく、良くないと思った。一社で見たら売上利益率など高い方が良いが、企業が大きくなって社会的責任が大きく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月28日

    やや思想寄り(宗教的な価値観に基づく考察)
    かつ米国事情中心のため日本で通用しない内容も多いが
    総じてためになる。
    いま読んでおいて良かった。

    日本版のGAFA分析本もでてほしいな。
    ソフトバンク、楽天、zozo、LINE、メルカリなどなどの
    ローカル事情ふまえたやつ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    GAFAがどのように生まれ、ここまで強大になったかその背景を理解することができる。そしてこのGAFAが今後も力を維持していくのか、それともGAFAに代わる新たな企業が出てくるのか、更にこの時代において平凡な我々が生き残るにはどうすればいいか、そんなことがうっすら理解できる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています