WE ARE DATA アルゴリズムが「私」を決める

WE ARE DATA アルゴリズムが「私」を決める

作者名 :
通常価格 2,750円 (2,500円+税)
獲得ポイント

13pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

Googleが知ってる“あなた”は誰?

検索履歴やスマホの位置情報から自動的に生成され、
刻々と変貌しながらデジタル空間をさまよう「データの幽霊」
(=デジタル・アイデンティティー)の正体に迫る!


アルゴリズム解析を前にすると、「私たちが何者なのか?」という問いは、「コンピューターは私たちを何者だと言っているか?」という問いに等しくなる。アルゴリズムによって「セレブリティー」とされたり「信用できない」とされたりするのと同じように、生身の個人としての自分を無視された私たちは、自らの生をコントロールできなくなる……。[序章より]


……著者は述べる。「私たちは、私たちの実在がもっぱらデータである世界に生きているわけではなく、私たちの実在がデータによって拡張される世界に生きている。つまり、私たちはすでにデータでできている。…テクノロジー派未来主義者の言うシンギュラリティーは決して訪れない。なぜなら、すでにここにあるからだ。」
肉体の死を超えて、自我や意識がサイバー空間の中で「生き続ける」というファンタジーは、すでにデータとなって漂流している私たち自身の迷妄である。ひとつだけ確かなことは、私たちが実在の死を迎えても、私たちの個人データはサイバー空間を漂い続けるということだ。[武邑光裕氏・解説より]

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
456ページ
電子版発売日
2018年05月17日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2018年07月05日

    ビッグデータとそれを生かした機械学習がもてはやされ、いずれは人間の知能を超える。シンギュラリティと呼ばれるその到達点は、もう遠くないところに来ていると言われて、久しい。

    だが、データの間にあるはずのない因果関係を見出して、それに人々の思考や行動を無理やりに当てはめてしまうリスクもある。
    また、正確...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月27日

    アルゴリズムが私を決める 
    ジョンチェニー 日経BP社

    巨大企業となったGoogleはネット参加の全ての個人の情報を
    アルゴリズムで処理した上で個人や常識を無視した決定的なデーター上の人格を
    あるいはデーター上のアイデンティティーを有無を言わせずにはじき出す
    性癖から性別や年齢すら社会通念を無視し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています