怪盗鼠推参 二
  • 値引き

怪盗鼠推参 二

作者名 :
値引き価格 438円 (399円+税) 8月4日まで
通常価格 627円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

女将のお滝が作る賄の美味さに、小さな米問屋・熊野屋に居ついてしまった百地市太郎。ある日、大店に賊が押し入り大金を奪った上、主人から奉公人まで皆殺しにする事件が起きる。その店は熊野屋の大得意。ただの盗みか怨恨か――。義憤を感じた市太郎は事件解決のため動き出す。先祖伝来の鉄拳、煙幕、棒手裏剣で悪党成敗! 最強義賊シリーズ第二弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎時代小説文庫
電子版発売日
2018年06月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

怪盗鼠推参 二 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年06月03日

    第2巻の今回は、同心に疑われるがある事件で、結果的に協力することになり、少しばかり印象がよくなる。

    元忍びの味音痴だが綺麗な女、お藤とのコンビネーションもいい。互いに惹かれあっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月21日

    第二弾
    今回は居候先の熊野屋の大口の得意先が押込み強盗の犠牲に、仇を討ってお金を取り返すために活躍するが、結局は町方の手柄を譲り、もう一つ別件の悪、旗本と運送業のを無事懲らしめる!

    このレビューは参考になりましたか?

怪盗鼠推参 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 怪盗鼠推参 一
    値引き
    438円(税込)
    家禄も扶持もないが明るい貧乏浪人の百地市郎太は、ひょんなことから鼠小僧次郎吉に出会った。強きを挫き弱きを助ける姿に憧れた市郎太は次郎吉に弟子入りし、“鼠盗め”を学ぶことに。だがある日、貧しい人々に配るはずの金を次郎吉が着服しているのではないかという疑念が芽生え――。先祖伝来の忍びの術と必殺剣が光る新シリーズ、堂々始動!
  • 怪盗鼠推参 二
    値引き
    438円(税込)
    女将のお滝が作る賄の美味さに、小さな米問屋・熊野屋に居ついてしまった百地市太郎。ある日、大店に賊が押し入り大金を奪った上、主人から奉公人まで皆殺しにする事件が起きる。その店は熊野屋の大得意。ただの盗みか怨恨か――。義憤を感じた市太郎は事件解決のため動き出す。先祖伝来の鉄拳、煙幕、棒手裏剣で悪党成敗! 最強義賊シリーズ第二弾。
  • 怪盗鼠推参 三
    値引き
    438円(税込)
    表の顔は米問屋の居候、裏の顔は二代目鼠小僧の百地市郎太。相棒のお藤と旗本屋敷に忍び込んだその時分に古本屋で残忍な殺しが発生し、町方の大谷木から下手人の疑いをかけられてしまう。そもそも市郎太を鼠小僧ではないかと怪しんでいた大谷木。市郎太はその考えを逆手にとって探索の助を申し出るのだが……。大人気の最強義賊伝、圧巻の第三弾!
  • 怪盗鼠推参 四
    値引き
    475円(税込)
    不義を働く鼠小僧・次郎吉を密告し、我こそ真の義賊にならんと誓った伊賀者・百地市郎 太。だが鼠を騙る賊が新たに出現、探索に乗り出す。人を殺めた偽鼠の得物から甲賀衆に 辿り着くが……。目的は何か。市郎太は天敵の同心・大谷木の疑惑をかわし、賊を追い詰 めることができるのか。太平の世における忍びの義と掟を問う、興奮必至の第四弾。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています