聖地の想像力――なぜ人は聖地をめざすのか

聖地の想像力――なぜ人は聖地をめざすのか

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

宗教や文明が盛衰する中で、聖地は古来より不動のまま、無数の人々から巡礼の対象とされてきた。エルサレムは現在も複数の宗教の聖地であり、メッカはイスラム教成立以前から聖地として機能していた。なぜ聖地は動かないのだろうか。その深層には何があるのか。サンティアゴ・デ・コンポステラ、日本の奈良、ギリシャの神殿をはじめ、関連する様々な事象を考察しつつ、聖地という空間がどのような存在なのかを明らかにする。 【目次】はじめに/01 聖地の定義/02 石組み/03 この世に存在しない場所/04 ドン・ファンの教え/05 もうひとつのネットワーク/06 巡礼/07 世界軸 axis mundi/08 二つの聖地/09 夢見の場所/10 感覚の再編成/註一覧/おわりに

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
202ページ
電子版発売日
2018年04月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    聖地は地球のへそ。そこは裏宇宙とつながる場で、感覚の再編成が行われる。母胎回帰本能により、人々は古代から変わらず聖地を目指してきた。すでに持っていたスピリチュアルな知識と合わさって、非常に理解が深まった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    [ 内容 ]
    宗教が変わり、国家が替わっても、聖地の場所は変わらない。
    なぜ聖地は何千年も移動せず、人は聖地をめざすのか?
    世界中の聖地を訪ね、研究してきた宗教人類学者が、「聖地の謎」を読み解く。

    [ 目次 ]
    1 聖地の定義
    2 石組み
    3 この世に存在しない場所
    4 ドン・ファンの教え
    5 も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    すべて抱壊され、感じられ、実験され、考えられ、見抜かれたものは現実である。そして現実以外には何ものもない。世界は世界ではない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    陶酔や不思議を研究している著者が、聖地について書いた本。東京ディズニーランドも実は聖地だとわかります。聖地とは何ぞ?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています